境遇のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

境遇

3.173.17
文章力
3.50
ストーリー
2.83
キャラクター
3.00
設定
3.33
演出
3.17
感想数
3
読んだ人
4

境遇の評価

総合評価
3.173.17
(3件)
文章力
3.503.50
ストーリー
2.832.83
キャラクター
3.003.00
設定
3.333.33
演出
3.173.17

評価分布をもっと見る

境遇の感想

投稿する

読後感のすっきりしないサスペンス

青いリボンが繋ぐ2人場所は違えど児童養護施設で高校まで育った晴美と、預けられたけれども早いうちに養父母に引き取られた陽子の2人の語り言葉で、この物語は書かれている。捨てられていたとは言え、赤ちゃんのうちから養父母に引き取られ何不自由なく育った陽子と、高校卒業まで施設で暮らした晴美とは少しその生き方は違うのではと思ったけれども、二人はまるで姉妹のような関係だ。新聞記者として働きしっかりしているように見える晴美に比べ、どこかしらおっとりしており国会議員の妻となっている陽子は性格もまるで正反対なように思ったけれど、ルーツがわからないということは共通しているし、その上「境遇」というタイトルなのだから、なぜそこまで仲良くなったのかその辺の疑問も読んでいくにつれ詳しくわかっていくことなのかなと思い読み始めたけれど、その疑問は最後まで違和感として残ってしまった。この物語は、晴美が持つ唯一の母親とのつ...この感想を読む

1.51.5
  • miyayokomiyayoko
  • 218view
  • 3184文字
PICKUP

青空リボンは 幸せを結んだリボン

青空リボンが結んでくれたもの~晴美の心情~母親を知らない晴美にとって空色のリボンは母親からの唯一のプレゼント。ずっと大切に持っていたリボンは晴美に何をくれたのだろうか。自分と陽子の境遇について知るために新聞記者になった晴美だが、樅の木町殺人事件について知り、自分と陽子が関わっているかもしれないと知った時は混乱したことだろう。空色リボンと一緒に持っていた手紙の内容から、母親は死んでいると思い込んでいた晴美は自分が被害者の娘だと思ったようだが、そう思った理由は他にもあるのではないだろうか。晴美の人生は決して幸せなものではなさそうだ。どのか自分の人生に物足りなさを感じていた晴美は、親友である陽子が幸せな人生を送っていることを羨ましく感じ、どうして自分ばかり幸せになれないのだろう、と少なからず思っていたに違いない。陽子が結婚して子供にも恵まれているのに対し、晴美は不倫しているのだから。晴美は陽...この感想を読む

4.04.0
  • りったんりったん
  • 209view
  • 2940文字

境遇に関連するタグ

境遇を読んだ人はこんな小説も読んでいます

境遇が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ