夜行観覧車のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

夜行観覧車

4.384.38
文章力
4.29
ストーリー
4.29
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
4.43
感想数
8
読んだ人
20

夜行観覧車のあらすじ・作品解説

夜行観覧車は湊かなえによる日本の推理小説である。 「小説推理」の2009年8月号から2010年3月号まで連載され、2010年6月には双葉社から単行本が発売された。また、2013年1月には文庫化された。 分不相応でも念願のひばりケ丘に一戸建てを建てることができ引っ越してきた遠藤家と、その向かいに住み、遠藤家と親しくなる高橋家、2つの家族に起こるいじめ、嫌がらせ、殺人事件を通して家族の崩壊と再生を描く作品である。 2013年1月にはTBS系列でドラマ化され、鈴木京香が主演をつとめた。鈴木京香の娘役を演じた杉咲花は引きこもり、家庭内暴力、といった難しい役どころを好演したことでも話題を呼んだ。最終回では視聴率13.9%を記録し、平均視聴率は10%を超え、11.6%を記録し、TBSのヒット作品となった。この作品で鈴木京香は第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。 木村まるみにより、漫画化もされている。

夜行観覧車の評価

総合評価
4.384.38
(8件)
文章力
4.294.29
ストーリー
4.294.29
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
4.434.43

評価分布をもっと見る

夜行観覧車の感想

投稿する

感想をもっと見る(8件)

夜行観覧車に関連するタグ

夜行観覧車を読んだ人はこんな小説も読んでいます

夜行観覧車が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ