二千七百の夏と冬のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

二千七百の夏と冬

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

二千七百の夏と冬の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

二千七百の夏と冬の感想

投稿する

90年の人生30回分前の物語

冒頭からの秀逸なストーリー展開ダム建設予定地から見つかった縄文時代の人間の骨。それを見つめる新聞記者香耶と教授の松野。2人がその骨について語り、当時に思いを馳せながら場面はこの骨の持ち主が生きていた縄文時代に移る。この展開がまるで映画を観ているような気持ちにさせられる。マンガで言うとコマ割りというのか、小説のそれにあたる言葉を私は知らないのだけど、そういうのが荻原浩は抜群にうまいと思う。マンガではコマ割りに違和感があるとスムーズに読み進めることができないけど、小説にもそういうものがある。それがしっくりこないとどうしても物語に没頭できないのだけど、荻原浩の作品でそのように感じたことはない。この小説は現代と縄文時代と交互に話が進んでいくのだけど、その展開にはまるで無理がない。そのような始まり方なので、これから進む物語にどんどん期待が膨らんでいった。縄文時代の人々の暮らし主人公はこの骨の持ち...この感想を読む

5.05.0
  • miyayokomiyayoko
  • 109view
  • 3116文字
PICKUP

二千七百の夏と冬に関連するタグ

二千七百の夏と冬を読んだ人はこんな小説も読んでいます

二千七百の夏と冬が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ