告白のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

告白

4.194.19
文章力
4.28
ストーリー
4.19
キャラクター
3.72
設定
4.00
演出
4.38
感想数
16
読んだ人
25

告白のあらすじ・作品解説

『告白』は、双葉社によって2008年8月5日に発行された、湊かなえの小説である。湊かなえのデビュー作となる本作は、2008年度の週刊文春ミステリーベスト10で第1位、2009年には本屋大賞を受賞し、さらに2010年8月に発売された文庫版は2010年9月13日付のオリコンランキング文庫部門にて歴代1位になるなど、高い評価を得ている作品である。累積売上は2013年8月時点で254.4万部を超えており、長い人気を誇る作品でもある。 ある中学校の教師である森口悠子には一人娘がいたが、数か月前、娘が中学校のプールで死んでいるのを発見した。娘は事故死と判断されたが、森口は、自分の担任しているクラスの生徒2人によって殺されたのだとクラスメイトに告発し、その2人に復讐を仕掛けていくという物語である。 2010年6月には、松たかこ主演により映画化もされており、第34回日本アカデミー賞では4冠を達成、さらに2010年度に日本で公開された日本映画の興行収入成績では第7位になるなどの大ヒットを収めた。

告白の評価

総合評価
4.194.19
(16件)
文章力
4.284.28
ストーリー
4.194.19
キャラクター
3.723.72
設定
4.004.00
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

告白の感想

投稿する

連鎖

雑誌の連載作品で作者は第一話を短編として書き上げたようです。確かに二度目を読んでみると一話目はすばらしいできとなっています。いや正確に言うと一話でこの物語の骨子を描き二話目以降に真相、心理が深く掘り下げられているようなつくりになっている。映画化されたものも拝見しましたが、やはり陰鬱なイメージは拭われずそして誰も救われない。しかし面白いんです。それはこの物語の持つ陰鬱だけならぬ雰囲気、どこかひどく現実味を帯びたものが私達を襲います。登場人物はかなしながら全員が全員自分のことしか考えておらず所謂自己中心的で、しかしそれこそが人間の本質なのだろうか。という風に強く思わせる作品でした。事件はひとつ、ひとつと積み重ねられていきます、そして迎えるラスト。終わっても誰も、救われない。ミステリーとして非常に質の高いものとなっており、いきなり一話からとてつもない筆力を感じさせられました。本屋大賞受賞との...この感想を読む

4.54.5
  • kurorokuroro
  • 76view
  • 441文字

感想をもっと見る(16件)

告白に関連するタグ

告白を読んだ人はこんな小説も読んでいます

告白が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ