プラチナデータのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

プラチナデータ

4.204.20
文章力
4.30
ストーリー
4.10
キャラクター
4.10
設定
3.70
演出
3.80
感想数
5
読んだ人
22

プラチナデータのあらすじ・作品解説

プラチナデータは東野圭吾によるミステリー小説である。単行本は幻冬舎から、文庫本は幻冬舎文庫から発売されている。 舞台は冤罪率0%を目指す近未来の日本。任意ではあるが国民のDNA情報が登録され犯罪があった際にはその情報から犯人を突き止めるという方法で警察の検挙率は100%を誇っていた。このシステムは犯罪者本人がDNA登録していなくても親族が登録していれば検索が可能という画期的なものであったが、犯人を特定できない未解決事件も存在していた。ある日女性が殺害される事件が連続して発生し、彼女たちの体内には犯人の体液が残されていた。DNA検索システムで犯人はすぐに検挙されるように思われたが結果は該当なしを意味する「Not Found」。そしてこのシステムを開発した兄妹が殺害される。警視庁特殊捜査機関の天才科学者神楽龍平とそれを追う刑事浅間玲司が事件の真相に迫る。 この小説は2013年に公開され、神楽役を二宮和也(嵐)、浅間役を演じた。

プラチナデータの評価

総合評価
4.204.20
(5件)
文章力
4.304.30
ストーリー
4.104.10
キャラクター
4.104.10
設定
3.703.70
演出
3.803.80

評価分布をもっと見る

プラチナデータの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

プラチナデータに関連するタグ

プラチナデータを読んだ人はこんな小説も読んでいます

プラチナデータが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ