物語のおわりのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

物語のおわり

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

物語のおわりの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

物語のおわりの感想

投稿する

一つの物語が引き寄せる、夢に破れた人たちの物語

始まり方は平凡だった最初は、小説家を目指す少女とその友達の甘酸っぱいような交流や、年頃の少女らしい恋などの話で、それほど心惹かれるわけでもなく平凡な始まり方だった。ハムさんとの恋愛も、本人になんの話しもせずにいきなりの婚約宣言など、昔はこれが当たり前だったのだろうかと思わせる展開だった。主人公である絵美もいつも受身で、ただの読書好きで空想好きの少女ではない、どこかしらめんどくささを醸し出している。だからこの主人公はあまり好きではなかった(この町から出られるわけがないと繰り返し言うその卑屈さも、嫌なところだった。いわばそれがリアルなのかもしれないけれど)。絵美の恋人であるハムさんも、何も知らない少女を見たことのない世界に連れ出してやろうという、いささかマッチョな驕りが見え隠れするし、それほど魅力的にも思えなかった。だからこそ、夢を実現させるために絵美が唯一自分で動いた、松木流星の元へ弟子...この感想を読む

4.04.0
  • miyayokomiyayoko
  • 2view
  • 3777文字
PICKUP

物語のおわりに関連するタグ

物語のおわりを読んだ人はこんな小説も読んでいます

物語のおわりが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ