サウスバウンドのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,165件

サウスバウンド

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
3

サウスバウンドの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

サウスバウンドの感想

投稿する

子どもが色々なことを経験し成長していくストーリー

すべての登場人物が好きすぎる主人公の二郎は小学校5年生。元革命家の父親が一郎で息子が二郎。そのネーミングセンスも世間からずれた感じを見事に醸し出している。比較的常識派だと思っていた母親さえも元革命家だったことの衝撃を受けるような、このような両親に育てられたとは思えないくらいの普通の小学生だ。そんな小学生が父親に翻弄されながらも、色々なことを経験しどんどん成長していくストーリーを奥田英朗が圧倒的な表現力で描ききっている。上下巻あるけれど一気に読みきってしまう作品だ。主人公が様々なことを経験し成長していく過程を描いた小説をビルドゥングスロマンと言うらしい。最後につく“ロマン”という言葉からフランス語かと思いきや、意外にもドイツ語だというこの言葉はこの本の表紙裏に書かれていて初めて知った。そしてこの言葉がこれほどぴったりくる物語もそうはないのでは思うくらいの作品だと思う。個人的には小学生が成...この感想を読む

5.05.0
  • miyayokomiyayoko
  • 4view
  • 3426文字
PICKUP

サウスバウンドの登場キャラクター

上原一郎

上原二郎

上原桃子

キャラをもっと見る(4件)

サウスバウンドの名言

世の中にはな、最後まで抵抗することで徐々に変わっていくことがあるんだ。

上原一郎

翌日ホテル開発業者と1人で闘うことを子どもたちに説得する場面。

サウスバウンドに関連するタグ

サウスバウンドを読んだ人はこんな小説も読んでいます

サウスバウンドが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ