イン・ザ・プールのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

イン・ザ・プール

4.134.13
文章力
4.17
ストーリー
4.33
キャラクター
4.50
設定
4.00
演出
4.00
感想数
4
読んだ人
11

イン・ザ・プールのあらすじ・作品解説

『イン・ザ・プール』は日本の作家奥田英朗が2002年に文藝春秋より刊行した短編小説集である。その後に続く「精神科医伊良部シリーズ」の第1作目の作品であり、第127回直木賞の候補ともなった。2005年には松尾スズキ、オダギリジョーらのキャストで映画化され、2009年にはこのシリーズがアニメ化され本作品の中からも収録されている5編のうち4編が放送された。 マザコン、色白、デブという3拍子揃った奇天烈な精神科医、伊良部一郎と彼の患者たちとで繰り広げられるコミカルな物語である。プール依存症の編集者、ふとした拍子に勃起が鎮まらなくなったサラリーマン、被害妄想の激しいコンパニオンなど患者たちは奇妙な症状に悩まされ、治療のため彼の元を訪れる。患者たちは伊良部のバカバカしい言動に呆れつつも不思議と病院通いはやめられず、型破りな治療は続いていく。彼らは至って真剣なのだが、伊良部の予測不可能な行動によって笑い混じりのストーリーは展開していく。

イン・ザ・プールの評価

総合評価
4.134.13
(4件)
文章力
4.174.17
ストーリー
4.334.33
キャラクター
4.504.50
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

イン・ザ・プールの感想

投稿する

やっぱり面白い伊良部シリーズ

すべての短編がリアルこの短編集「イン・ザ・プール」は全部で5つの短編が収められている。それらすべての物語に共通して出てくるのは精神科医伊良部である。子供のまま大きくなったような伊良部に患者たちはいつも振り回されている。その100%自分のことしか考えていない自己中心性は、恐らく子供は皆そうであるのかもしれないが大人となれば話は違う。そのような子供の心をもったまま大人になった伊良部は、意外にも精神に異常をきたした患者たちに良い効果を与える。もちろんそれは本人の意図するところではないのだけど、意図せずやった行動やセリフが患者たちの心を溶きほぐしている様が、読み手としても実感として感じることができるリアルさがこの小説の魅力だと思う。5つの短編には5つの症例を持つ患者が伊良部の元に訪れる。2話目以外は(その理由は私が女性というだけだ。実感はできないけれど、大変なんだろうということは痛々しいほどよ...この感想を読む

4.04.0
  • miyayokomiyayoko
  • 21view
  • 3332文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

イン・ザ・プールに関連するタグ

イン・ザ・プールを読んだ人はこんな小説も読んでいます

イン・ザ・プールが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ