旅猫リポートのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

旅猫リポート

4.254.25
文章力
4.63
ストーリー
4.13
キャラクター
4.88
設定
4.38
演出
4.50
感想数
4
読んだ人
4

旅猫リポートのあらすじ・作品解説

旅猫リポートとは、有川浩による小説作品。2011年より「週刊文春」で連載され、2012年に単行本が出版された。表紙イラストは「だれも知らない小さな国」などで知られる村上勉。 主人公・サトルは、幼少の頃から引っ越しを繰り返し、そのたびにさまざまな人に出会ってきた。30代になったサトルは、ペットの猫・ナナをどうしても手放さなくてはいけなくなる。大事な相棒であるナナの引き取り先を探すため、いままでの引っ越し先で出会って来た人々を訪ねていく、というストーリー。 もともと舞台化を前提に執筆された作品で、前作「ヒア・カムズ・サン」を舞台化した演劇集団キャラメルボックスとのコラボレーション作品2作目。2013年紀伊国屋サザンシアターで上演され、2014年にはNHK-FMでラジオドラマが放送された。 この作品で、有川は吉川英治文学新人賞、ブクログ大賞(小説部門)など、多くの文学賞を受賞。また、この作品を原作とする絵本も出版されている。

旅猫リポートの評価

総合評価
4.254.25
(4件)
文章力
4.634.63
ストーリー
4.134.13
キャラクター
4.884.88
設定
4.384.38
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

旅猫リポートの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

旅猫リポートに関連するタグ

旅猫リポートを読んだ人はこんな小説も読んでいます

旅猫リポートが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ