アンの愛の家庭のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

アンの愛の家庭

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

アンの愛の家庭の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

アンの愛の家庭の感想

投稿する

自分も家庭を持ちたくなってしまいます

『赤毛のアン』シリーズの6作目です。ここまで読み進めようとする人はアンの魅力にどっぷりはまっているでしょうし、改めてコメントするまでもないかもしれません。アンはすっかり大人の女性となり、6人(1人亡くしているので産んだのは7人)のお母さんです。お母さんらしく、この作品の話題の中心は子どもたちのこととなります。アンの子どもたちらしく、みんな個性的で魅力的な娘・息子です。彼らは、大人では思いもつかないようなことで悩んだり、自分の想像力で怖い目に遭ったりします。それを優しく見守り、いい方向へと導いていくアンは、とても素敵な母親です。子どもたちが自慢に思うのも納得です。そして、アンとギルバートは結婚して何年経っても、互いに愛し合っています。もちろん、そばにいることが当たり前となり、その幸せに気付かなくなってしまうことはあっても、ちゃんとそれが幸せであることを思い出し、互いのことを大切に思う気持...この感想を読む

4.54.5
  • 月読三葉月読三葉
  • 88view
  • 481文字

アンの愛の家庭に関連するタグ

アンの愛の家庭を読んだ人はこんな小説も読んでいます

アンの愛の家庭が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ