エイリアン3のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,555件

エイリアン3のあらすじ・作品解説

エイリアン3は、1992年に公開された20世紀フォックスのSF映画である。 本作は1979年公開のリドリー・スコット監督の『エイリアン』に続くシリーズ第3作目。ジェームズ・キャメロンがメガホンをとった『エイリアン2』より126年後の囚人惑星が舞台となっている。 監督はデヴィット・フィンチャー、主演は第1作から引き続きシガニー・ウィーバーがつとめている。 本作はシリーズの正統続編であることもあって、第1作から登場する地球外の凶暴な異星人「エイリアン」と主人公「エレン・リプリー」達人間の攻防がストーリーの根幹として描かれている。ただし、リプリー以外の登場人物が囚人と看守と設定されたことで、シリーズ初の罪と信仰という宗教的なテーマが加えられている。結果、一部のファンや批評家達から苦言的な評価と批判を少なからず集めることとなった。 また、本作の公開から5年後の1997年には続編となる『エイリアン4』が公開されている。

エイリアン3の評価

総合評価
3.633.63
(8件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
3.753.75
音楽
3.503.50
演出
3.563.56

評価分布をもっと見る

エイリアン3の感想

投稿する

名作のなかの駄作なのか?

なぜ酷評が起こったのかSFホラー映画の金字塔とまで言われたリドリー・スコット監督の『エイリアン』、“今度は戦争だ”をキャッチコピーに、エイリアンと宇宙海兵の激戦を描いたジェームズ・キャメロンの『エイリアン2』に比べ、『エイリアン3』は何かと酷評を受ける。しかも不思議なことに、酷評しているのは往々にして熟練の『エイリアン』シリーズファンである。つまり、映画単品としてはつまらない訳ではないものの、“エイリアンシリーズ”としては評価出来ない、ということになる。筆者もそこそこの『エイリアン』ファンを自称しているが、他のシリーズに比べ、『エイリアン3』はそれほど記憶に残らず、さほど面白いとも思わなかった。駄作ではないが、良作ではない。ただ消化するほどの作品、という感想を抱いている。では、『エイリアン3』が何故ファンから酷評を受けるか、検証していこうと思う。『エイリアン』ファンの先輩諸氏の意見を借り...この感想を読む

2.52.5
  • すらりすらり
  • 601view
  • 2888文字
PICKUP

リプリーのヒロイン像と共に、人類にとってエイリアンとは何かを追求した宗教的色彩を帯びた、悲愴なまでに美しい作品 「エイリアン3」

リドリー・スコット監督の「エイリアン」第1作は、「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」というキャッチフレーズがぴったりの、暗黒の宇宙をさまよう巨大な宇宙船の内部を、完璧な密室に見立てて、絶体絶命の「恐怖」を追求した作品だったと思います。ジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」のキャッチフレーズは、「今度は戦争だ」でしたが、これは無数のエイリアンが「女王」を中心に巣食う惑星で、人間対エイリアンの凄まじい死闘が展開される、まさに「ランボー」顔負けの「迫力」の映画でした。そして、リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロンに次いで、当時、新鋭だったデヴィッド・フィンチャーが監督した「エイリアン3」では、このシリーズのヒロインたる女戦士、エレン・リプリー(シガニー・ウィーヴァー)が、遂に「殉死」するのです。この「エイリアン3」という映画は、リプリーのヒロイン像と共に、「恐怖」や「迫力」を越え...この感想を読む

4.04.0
  • 驟雨驟雨
  • 18view
  • 1765文字

3作目は『セブン』のデイビッド・フィンチャー!!

フィンチャーにとっては、本作がデビュー作。ここから、『セブン』、『ファイト・クラブ』、『ゾディアック』、『パニックルーム』、『ベンジャミン・バトン』、『ドラゴン・タトゥーの女』などを製作していきます。本作は、リプリーが坊主になる作品。なぜか欲求不満になって医務主任とセックス。その他はとくに目新しさはないかな。宇宙での話なのに、地上の刑務所にいる感じであんまり楽しくない。最後エイリアンを誘導するシーンとかは、撮り方こそ面白いけど、『シャッターアイランド』で刑務所をぐるぐる走り回るシーンとデジャヴ。まあ、エイリアンの方が先だけど。とにかく、もうネタつきた感じになってしまってるね。まあ3作目を任されて上手くつくるのも難しいけど。最後鉛で熱して、スプリンクラーで冷やしてって殺し方はなかなか考えたね。でも、2でエイリアンが銃で簡単に死ぬことが分かってるだけに、3になって武器もなく原始的に殺してく...この感想を読む

4.04.0
  • ABCDEITOABCDEITO
  • 78view
  • 583文字

感想をもっと見る(8件)

エイリアン3の登場キャラクター

エレン・ルイーズ・リプリー

よみがな:えれん・るいーず・りぷりー ニックネーム:リプリー 生年月日:2092年1月7日 身長:180cm 性別:女性。 国籍:地球。 性格:責任感が強く行動力もある。エイリアンに囲まれた海兵隊の面々が戦意を喪失しかけている中でも自らが率先して作戦を立て「戦略家になれる」と評されるほどの頭のキレの良さ。 ポリ...

エイリアン

よみがな:えいりあん ニックネーム:ゼノモーフ(Xenomorph、日本語の字幕や吹き替えの台詞では「異星人」)。 身長:200cm 体重:160kg 国籍:地球外 所属:地球外生命体 性格:社会性昆虫のように真社会性を有する動物で、血縁を共有し数種の異なる特徴と役割を備えた個体群でコロニーが構成される「巣」により生存...

エイリアン3に関連するタグ

エイリアン3が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ