アバターのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,679件

アバターのあらすじ・作品解説

アバターは2009年に公開されたSF映画である。監督はジェームズ・キャメロンで構想に14年、製作に4年以上を費やした作品でもある。第61回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、監督賞を受賞しCGの完成度にも高い評価を受ける。 希少鉱物アンオブタニウムが大量に眠る衛星パンドラを舞台に、希少鉱物を得ようとする軍と先住民ナヴィとの和解を第一に考えた研究者達の奮闘そして大掛かりな強行作戦を描いた壮大な映画である。 戦争で下半身不随となった元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、亡くなった双子の兄の代わりとしてパンドラへ行き、人工的に作ったナヴィの肉体の操作員として作戦に加わる。そこで出会ったナヴィのネイティリ(ゾーイ・サルダナ)との交流を経て一族への信頼を得た矢先での悲劇を、圧倒的な世界観で描いている。 また、映画の公開と同時にゲームも発売されている。 2013年8月には20世紀フォックスが続編として3作品を撮り、2016年~2018年の各12月に公開予定であると2015年時点で発表されている。

アバターの評価

総合評価
4.034.03
(17件)
映像
4.534.53
脚本
3.593.59
キャスト
3.783.78
音楽
3.973.97
演出
3.843.84

評価分布をもっと見る

アバターの感想

投稿する

アバターもえくぼ

はるか遠い未来。資源を求めて宇宙へと進出した人類は、未知の惑星の開拓に着手するようになる。しかしもちろん、人の住める環境をもった星には先住民がおり、共生か排除かの二択しか取るべき道がないのが現実だった。エイリアンでもそうでしたが、かなり大がかりなプロジェクトの割に、政府というより企業が単独で力を振るっている描写をSF映画ではよく観る事があるなあと思いました。もちろん、裏では政府がからんではいるのでしょうが、なんだか結構独断で行われている印象が強いですよね。映像から世界観から全体的によくできている映画だとは思いますが、最終決戦時での、せっかくの数と地の利を生かせる状況であるにもかかわらず、正面から無策にぶつかりあった主人公の脳筋ぶりだけが腑に落ちませんでした。俺はてっきり、もうちょっと策を練って攪乱しながら人間勢力に善戦するものの、あと一歩のところで近代兵器に逆転されてしまう、といった展開...この感想を読む

4.04.0
  • ピッチャーピッチャー
  • 47view
  • 457文字

感想をもっと見る(17件)

アバターに関連するタグ

アバターが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ