パニック・ルームのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

パニック・ルームのあらすじ・作品解説

パニック・ルームは、アメリカにて2002年3月29日、日本では2002年5月18日に公開された密室サスペンス映画である。監督:デヴィッド・フィンチャー、脚本:デヴィッド・コープ、製作:セアン・チャフィン/ジュディ・ホフランド/デヴィッド・コープ/ギャヴィン・ポローネが担当している。 メグ・アルトマン役にジョディ・フォスター、サラ・アルトマン役にクリステン・スチュワート、バーナム役にフォレスト・ウィテカー、ジュニア役にジャレッド・レト、ラウール役にドワイト・ヨアカムを配役している。 夫と離婚したメグ・アルトマンが娘のサラ・アルトマンと新居に引っ越してきたが、バーナム/ジュニア/ラウールの3人の強盗が家に侵入してきてしまった。メグは娘と一緒に屋内にある隠された部屋へと入り身を隠していたが、この隠された部屋こそ強盗が目的としている隠し財産がある部屋であった…。メグ達はこの強盗犯達に立ち向かって行く…。

パニック・ルームの評価

総合評価
3.723.72
(9件)
映像
3.883.88
脚本
3.633.63
キャスト
3.813.81
音楽
3.643.64
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

パニック・ルームの感想

投稿する

感想をもっと見る(9件)

パニック・ルームに関連するタグ

パニック・ルームが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ