マイノリティ・リポートのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マイノリティ・リポートのあらすじ・作品解説

マイノリティ・リポートは2002年に公開されたSFサスペンス映画である。 2054年のワシントンDC。3人の予知能力者で構成された殺人予告システム「プリコグ」。このシステムに従い治安維持を遂行する犯罪予防局によって殺人事件の発生しない社会になっていた。そのシステムを全国規模での導入に向け国民投票が行われることになり司法省調査官のダニー・ウィットワーがそのシステムの完全性を調査することになった。ところが犯罪予防局の犯罪取締チームの主任ジョン・アンダートンがシステムにより殺人容疑の予知をされてしまう。彼は無実の証明をするためダニーらの追跡を振り切り、殺人予告システムの考案者であるアイリス・ハイネマン博士に会いに行き彼からシステムには冤罪のケースがあり得ると教えられ、ジョンは、プリコグの一人である女性アガサを連れ出し彼女のオリジナルリポートをダウンロードしようとする。そこから真の犯人が犯罪予防局の局長ラマー・バージェスだと判明するのである。

マイノリティ・リポートの評価

総合評価
4.334.33
(9件)
映像
4.564.56
脚本
4.254.25
キャスト
4.504.50
音楽
4.064.06
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

マイノリティ・リポートの感想

投稿する

抗う術のない運命に翻弄されながらも、その運命に立ち向かう自由意志を未来人の姿に託して描いた近未来SFアクション大作 「マイノリティ・リポート」

この「マイノリティ・リポート」は、フィリップ・D・ディックの同名の短編小説を、スティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化した"近未来SFアクション大作"です。2054年のワシントンDC。犯罪予防局の主任ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は、アガサ(サマンサ・モートン)ら三人のプリコグ(予知能力者)が得る未来映像で、殺人事件の犯人を事前に逮捕するシステムの推進に精力を注いでいた。だが、ある日、自分が36時間以内に見知らぬ男を射殺すると告げられ、愕然とする。そして、司法省のウィットワー(コリン・ファレル)らに追われる中、自らの潔白を証明するべく、その謎に立ち向かっていくのだった-------。このような身に覚えのない罪で、主人公が追われるというプロットは、アルフレッド・ヒッチコック監督が得意としていたスリラーの手法を踏襲するものであり、スピルバーグ監督自身、「北北西に進路を取れ」や「知りすぎていた...この感想を読む

4.54.5
  • dreamerdreamer
  • 72view
  • 2828文字
PICKUP

プリコグの人権無視が半端ない

これは傑作ですね!と言いたいですがどうでしょうか。まず設定である「犯罪予防局」、それからプリコグの予測誤差である「少数派報告」これについてはいいと思います。予測は絶対でなく、未来を変えることもできるという内容、過去にも散々取り扱われているテーマではありますが、一定のおもしろさがあるのでいいと思います。まあ、突っ込みどころは多いのですが、1つめは作中でも述べられているように、逮捕された人たちはまだ犯罪を犯していないので、ただの冤罪だっていうこと。2つめは、プリコグ3体とトム・クルーズだけで全米の犯罪を取り締まるの無理ありますよね。秒単位で犯罪が起きているアメリカで、特にシステム稼働当初なんていったら、想像しただけでもおそろしいくらい大変だったことでしょう。3つめは、「絶対に警察に捕まる」っていうのがわかっていたら本当に犯罪はなくなると思いますか?健全なあなたはそう思うかもしれませんが、そ...この感想を読む

4.04.0
  • ABCDEITOABCDEITO
  • 144view
  • 889文字

感想をもっと見る(9件)

マイノリティ・リポートに関連するタグ

マイノリティ・リポートが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ