ゲームのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ゲーム

4.504.50
映像
5.00
脚本
4.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
2

ゲームのあらすじ・作品解説

富豪が突然巻き込まれた”ゲーム”とは?…。1997年公開のアメリカのサスペンス映画である。監督は「ソーシャル・ネットワーク」「ゾディアック」のデヴィッド・フィンチャー。脚本は「カニング・キラー 殺戮の沼」「インターセプター」のジョン・ブランカトーとマイケル・フェリス。 サンフランシスコで暮らすニコラスは、実業家として成功し巨万の富を得たが、妻と別れ、孤独な生活を送っていた。そんな彼が、48歳の誕生日に弟コンラッドからCRS社の”ゲーム”の招待状をもらう。が、コンラッドはただ「すごい体験」としか言わない。彼は乗り気になれなかったが、偶然オフィスを見つけ参加を決める。が、ほどなくしてさまざまなトラブルに巻き込まれ…。 ニコラスを「危険な情事」「氷の微笑」のマイケル・ダグラス、コンラッドを「ミスティック・リバー」「21グラム」のショーン・ペン、CRSのファインゴールドを「インディペンデンス・デイ」のジェームズ・レブホーンが演じている。他に、デボラ・カーラ・アンガー、キャロル・ベイカーなど。

ゲームの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

ゲームの感想

投稿する

先が読めない一級サスペンス

序盤の完成度監督はデヴィッド・フィンチャー、経営者で富豪のニコラス役をマイケル・ダグラス、弟のコンラッド役をショーンペンが演じている。映画のスタートは古いフィルムで撮られた映像が流れ、幼い日のニコラスと父親、まだ赤ん坊のコンラッドや母親らしき人も映っている。そのバックに流れる物悲しげなピアノの音とその映像の古さがまずこの映画に深みを与えている。映画「セブン」の監督でもあるデヴィッド・フィンチャーが手掛けただけあって、ミステリアスな雰囲気が観る側を映画にすっと引き込んでくれるのだ。ニコラスが朝目覚めてから顔を洗って高級車で会社に向かい、大きなビルの裏側から入って自分のオフィスで秘書らと会話するまでのシーンでいかにニコラスが経済的に成功した人かが表れている。ニコラス役のマイケル・ダグラスを最初に見たときに映画「ウォール街」の投資家ゴードン・ゲッコーがすぐに思い出されたが、年を重ねてあの時よ...この感想を読む

4.54.5
  • miyayokomiyayoko
  • 36view
  • 3298文字
PICKUP

ゲームに関連するタグ

ゲームが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ