走れメロスのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

走れメロス

4.334.33
文章力
4.00
ストーリー
3.70
キャラクター
3.70
設定
3.90
演出
3.70
感想数
6
読んだ人
25

走れメロスのあらすじ・作品解説

「走れメロス」は、明治を代表する文豪の一人、太宰治の短編小説である。1940年5月号「新潮」に掲載された。太宰治の代表的な作品にには、この作品以外には、「人間失格」「斜陽」などがある。 この作品は、純朴な牛使いの青年メロスが、自分が処刑されることを承知の上で、妹の結婚式に出るために親友であるセリヌンティウスを、暴君ディオニス王に人質として預け、村に帰り結婚式に出席し、そしてまた処刑されに、全力で体力の限界まで達するほどに走り続けるのである。帰ってくる途中に、川の氾濫にあったり、山賊の襲来にあったり、さまざまな不運にであう。メロスは、一度、セリヌンティウスを裏切ろうかと考えるが、再び走り出し、自分の命をささげるために王のもとに帰ってくるのである。その姿を見て、彼らの友情を見た王は改心した、という物語である。冒頭部分「メロスは激怒した」は大変有名な一文である。 大変有名な作品で、ドラマ化されたり、アニメ映画になったりしている。またメッセージ性の高さから義務教育の国語の教科書にも扱われている。

走れメロスの評価

総合評価
4.334.33
(6件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.703.70
キャラクター
3.703.70
設定
3.903.90
演出
3.703.70

評価分布をもっと見る

走れメロスの感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

走れメロスに関連するタグ

走れメロスを読んだ人はこんな小説も読んでいます

走れメロスが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ