富嶽百景のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

富嶽百景

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

富嶽百景の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

富嶽百景の感想

投稿する

富士には、月見草がよく似合う------明日の文学の理想を求めて苦悶する、太宰治の中期の名作「富嶽百景」

太宰治の「富嶽百景」という短編小説は、太宰の中期の代表作で、主人公の"私"に仮託して、「くるしいのである。仕事が----純粋に運筆することの、その苦しさよりも、いや、運筆はかえって私の楽しみでさえあるのだが、そのことではなく、私の世界観、芸術というもの、あすの文学というもの、いわば、新しさというもの、私はそれらについて、まだぐすぐず、思い悩み、誇張ではなしに、身悶えしていた。」と表現されているように、この小説の執筆時の昭和14年頃の、新しいあすの文学を模索し、身悶えしている若き太宰治の文学との格闘の日々が、魂を削るかの如く、赤裸々に描かれています。青春の彷徨と錯乱の時代とも言える、彼の前期において、自身の大地主の家の生まれだという出自に反抗して、左翼運動に身を投じたり、愛の苦しみから女性と心中未遂事件を引き起こしたりして、そういう時期を経て、ようやく明るく健康的な精神の安定期を迎えていた、いわ...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 193view
  • 1796文字
PICKUP

富嶽百景に関連するタグ

富嶽百景を読んだ人はこんな小説も読んでいます

富嶽百景が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ