直筆で読む「人間失格」のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

直筆で読む「人間失格」

4.004.00
文章力
2.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
2

直筆で読む「人間失格」の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
2.502.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

直筆で読む「人間失格」の感想

投稿する

読もうと思ったきっかけ

 この本を読もうと思ったきっかけは、人間失格とはどのような意味で捉えているだろうか?と疑問に感じたからでした。 凶悪犯罪を犯しすような、世間から卑劣な行いをした人間を指すのか、何か憎悪を抱くことが起きてしまった相手を指すのか、あるいは自分を卑下しているのか。しかし読んでみると、どれにも当てはまらないものでした。 物語は、主人公がふとした事がきっかけで手に入れた手記を読むところから始まります。その手記を書いた人物が、自らの生い立ちを振り返り、自分を人間失格と言っているのですが、自らを卑下して言っているわけではないと思われるのです。文中「人間で無くなりました」とは、どういうことなのか。人として生きられなくなったとはどういうことなのか。彼の行動は、周囲から見れば自分を追い詰めているように見えるかも知れないが、一生懸命、今を生きていたようにも思えるのです。ただ、嫌なことは嫌だと素直に言えなかっ...この感想を読む

4.04.0
  • フルムーンフルムーン
  • 5view
  • 913文字

直筆で読む「人間失格」の登場キャラクター

大庭葉蔵

直筆で読む「人間失格」の名言

僕は、女のいないところに行くんだ。

大庭葉蔵

大庭葉蔵は女性と心中図り大庭葉蔵だけ助かり病院のベットで寝ていたら、元召使だった男がやってきて呆れた風に見せる時に大庭葉蔵言ったセリフ。 それだけ何回も繰り返している大庭葉蔵は、女性がいなければ僕は死ぬ事はないと思っていたから出た言葉だと思い、本来なら情けない状態だが、人は誰しも弱い生き物である事を言っているようにも感じる。

直筆で読む「人間失格」に関連するタグ

直筆で読む「人間失格」を読んだ人はこんな小説も読んでいます

直筆で読む「人間失格」が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ