星の王子さまのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

星の王子さま

4.814.81
文章力
4.83
ストーリー
4.67
キャラクター
4.78
設定
4.83
演出
4.67
感想数
13
読んだ人
35

星の王子さまのあらすじ・作品解説

星の王子さまは、フランス人の小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが1943年にアメリカで出版した小説である。初版以後、世界各国のさまざまな言語で出版され、日本では1953年に岩波書店からフランス文学者の内藤濯(ないとうあろう)による日本語訳が出されている。 2015年時点で日本での販売部数は600万部を超え、世界での総販売部数は1億5千万冊を超える大ベストセラーとなっている。 この小説は、サハラ砂漠に不時着してしまった操縦士である主人公がある星からやってきたという王子さまと出会うことから始まり、主人公が王子様から聞いた話が語られていく物語である。 児童文学でありながら「大切なものは目に見えないんだよ」といった示唆に富む本作品の言葉やエピソードは、かつて子どもだった大人たちへ向けたメッセージでもあり、深い人生哲学として様々に論じられ多くの人に愛読されている。 日本国内では2005年に著作権が満了したことで多くの出版社などから多数の翻訳本が出されており、中にはタイトルが異なるものもある。

星の王子さまの評価

総合評価
4.814.81
(13件)
文章力
4.834.83
ストーリー
4.674.67
キャラクター
4.784.78
設定
4.834.83
演出
4.674.67

評価分布をもっと見る

星の王子さまの感想

投稿する

感想をもっと見る(13件)

星の王子さまの登場キャラクター

王子さま

よみがな:おうじさま

星の王子さまの名言

人間はみんな、ちがった目で星を見てるんだ。旅行する人の目から見ると、星は案内者なんだ。ちっぽけな光くらいにしか思ってない人もいる。だけど、あいての星は、みんな、なんにもいわずにだまっている。

王子さま

自分がもうながくはないことを悟った王子さまは、最後に気の持ちようですべてのものの見方が変わってくることを伝えようとしました。

意地悪な言葉の背後には、バラの優しさがかくされていた。 そのことに、ボクは気づかなくちゃいけなかったんだ。

王子さま

バラの花とけんかをしたことをきっかけに旅にでたらめ王子さまが、バラを思い出して

ボクは宇宙にたった一輪しかない花を持っていると思って、有頂天になっていたけれど、そんなことはなかった。 あの花は、どこにでもある普通の花だったんだ。

王子さま

地球で多くのバラを見て王子様が言ったセリフ。王子様の星にとってバラほたった一輪の大切なバラだったけれども地球にはには何千本と同じ花があってなんだか切なくなるシーンです。

名言をもっと見る(5件)

星の王子さまに関連するタグ

星の王子さまを読んだ人はこんな小説も読んでいます

星の王子さまが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ