坊っちゃんのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,127件

坊っちゃん

4.694.69
文章力
4.58
ストーリー
4.58
キャラクター
4.50
設定
4.67
演出
4.50
感想数
8
読んだ人
27

坊っちゃんのあらすじ・作品解説

「坊っちゃん」は夏目漱石によって1906年(明治39年)に発表された日本の中編小説である。漱石の年下の友人である、俳人高浜虚子の 俳誌「ホトトギス」の「附録」として発表され、翌1907年(明治40年)に「鶉籠(ウズラカゴ)」に収録された。 漱石の他の作品と比べて大衆ウケする平易で明快な内容の小説であり、その後は単独で単行本化されているものも多く、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている。 小説の舞台は愛媛県松山市であり、英語教師として愛媛県尋常中学校(松山東高校の前身)で教鞭をとった漱石の実体験を下敷きにして書かれたものである。東京の物理学校を卒業した若い主人公が松山の旧制中学の教師として赴任するまでから、同僚や生徒など地元の人間と様々な争いごとを起こして、東京へ帰るまでの出来事が描かれている。 松山市はこの小説名を冠した文学賞を設けたり、この小説に登場する温泉や団子などが名物になるなど、観光資源として多大な貢献をしている。

坊っちゃんの評価

総合評価
4.694.69
(8件)
文章力
4.584.58
ストーリー
4.584.58
キャラクター
4.504.50
設定
4.674.67
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

坊っちゃんの感想

投稿する

感想をもっと見る(8件)

坊っちゃんの登場キャラクター

赤ひげ

坊っちゃんの名言

新しい食器買いました?

赤ひげ

嬉しい情景で訪れる優しい出会いの言葉でしんなりとした雰囲気にさせてくれる背景描写

坊っちゃんに関連するタグ

坊っちゃんを読んだ人はこんな小説も読んでいます

坊っちゃんが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ