太宰治 人間失格のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

太宰治 人間失格

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
3

太宰治 人間失格の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

太宰治 人間失格の感想

投稿する

一人きりの小説、人間失格

人間失格は一か八か。太宰治の人間失格は多くの人が知っている作品でありながらあらすじを言える人間は少ないだろう。読んだ人間にならわかると思うがあらすじと言えるあらすじがこの話の中にはない。紹介するならば「とあるどうしようもない可哀想な男の一生」とでも言うのだろうか?主人公にあたる大庭葉蔵は小さなころから何もわからない男だった。他人が何を考え生きているのか、不幸の度合い、幸福とはなにか、何一つ理解出来なかった。しかし彼は聡く、自分が異質であることだけはわかっていた。わからないものほど恐怖を感じるものはないだろう。しかしそれでも彼は人を求めた。それが晩年まで彼を苦しめた一部であることは確かだろう。人間失格は「はしがき」から始まって第一の手記から第三の手記、そしてあとがきで構成されている。はしがきは他者から見た大庭葉蔵が描かれている。葉蔵が写っている三枚の写真をとある男が見ている。一枚目は幼少...この感想を読む

5.05.0
  • 侑李侑李
  • 40view
  • 3079文字
PICKUP

太宰治 人間失格の登場キャラクター

大庭葉蔵

ニックネーム:東北のハロルド・ロイド 性別:男 国籍:日本 所属:東京の高等学校、安田新太郎氏の画塾 特徴:はにかむような微笑、口の重い、よく気がきく 特技:世渡りの才能、漫画 癖:道化、泥酔 トラウマ:父 付き合った女性:ツネ子、シヅ子、シゲ子 友人:竹一、堀木正雄

堀木正雄

性別:男 国籍:日本 所属:安田新太郎氏の画塾、画学生 特徴:色が浅黒く端正な顔、遊び上手、見栄坊 好きな食べ物:牛めし、焼とり、電気ブラン、ビイル 服装:ちゃんとした背広、ネクタイの好みも地味 主人公からの評価:好人物、東京のよい案内者、都会の与太者 主人公に教えた物:酒、煙草、淫売婦、質屋、左翼思...

太宰治 人間失格の名言

世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?

大庭葉蔵

悪友の堀木から、「これ以上は世間が許さないからな」と言われた葉蔵。 その時に放たれたこの名言。 世間=個人ということに気付く場面。

太宰治 人間失格に関連するタグ

太宰治 人間失格を読んだ人はこんな小説も読んでいます

太宰治 人間失格が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ