マクベスのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,104件

マクベス

5.005.00
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

マクベスのあらすじ・作品解説

「マクベス」は、1606年頃に執筆されたウィリアム。シェイクスピアの戯曲である。 日本語訳は、岩波文庫・新潮文庫・角川文庫・ちくま文庫など、多くの出版社より刊行されている。 西暦1040~1057年に在位した実在のスコットランド王をモデルにして書かれた作品で、「ハムレット」、「オセロー」、「リア王」とともに、シェイクスピアの四大悲劇の1つとして数えられている。 スコットランド王ダンカンの臣下である主人公は、妻と共謀して国王を暗殺する。身の危険を感じた王子達は国外に逃亡するが、逆に国王殺害の嫌疑をかけられ、暗殺者の彼は念願の国王に指名される。しかし、国王就任後、猜疑心にかられた彼は次々と家臣を殺害し、精神を病んでいき、やがて復讐にあって死んでいくというストーリーである。 この作品をもとに、ヴェルディが同名のオペラ曲を作曲しており、リヒャルト・シュトラウスも同名の交響詩を作曲している。また、1915年、1948年、1971年には映画化もされている作品である。

マクベスの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

マクベスの感想

投稿する

マクベスの登場キャラクター

マクベス

マクベスの名言

もう眠るな マクベスは眠りを殺した

マクベス

自分の野望のために王を殺したマクベス。 もう日常の生活に戻れなくなった決意を示しています

どんな荒れ狂った嵐の日にも時間は経つのだぞ

マクベス

ダンカン殺害後に恐怖心に捕らわれたマクベスが、自分を奮い立たせるために言ったセリフ

マクベスに関連するタグ

マクベスを読んだ人はこんな小説も読んでいます

マクベスが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ