夏の夜の夢のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

夏の夜の夢

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

夏の夜の夢のあらすじ・作品解説

夏の夜の夢はウィリアム・シェイクスピアによって1590年に書かれた喜劇形式の戯曲であり、全5幕からなる物語である。貴族の若者であるハーミアとライサンダーは互いを思い遣っていたが、ハーミアの父親はディミートリアという若者にハーミアを嫁がせようとする。それに反発したハーミアに対し父親は死刑になるかディミートリアと結婚するかどちらかを迫り、ライサンダーとハーミアは夜に抜け出し夏至の夜に要請が集まる森へ向かう、といったところから物語は始まる。 ほかの多くのシェイクスピア作品と同様に映画化・舞台化されており、日本では戦前から小説と同題名にて何度か公演されているが、宝塚歌劇団が1992年の公演で「PUCK」という題名にて演出を小池修一朗、涼風真世主演で公演されている。また、主題歌の「ミッドサマー・イヴ」は松任谷由美が提供し、この公演は後の2014年に宝塚歌劇団「月組」により龍真咲主演により再演されている。

夏の夜の夢の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

夏の夜の夢の感想

投稿する

夏の夜の夢に関連するタグ

夏の夜の夢を読んだ人はこんな小説も読んでいます

夏の夜の夢が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ