ジュリアス・シーザーのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,367件

ジュリアス・シーザー

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

ジュリアス・シーザーの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ジュリアス・シーザーの感想

投稿する

ウィリアム・シェイクスピアの傑作戯曲「ジュリアス・シーザー」

英雄となったシーザーの凱旋と、出迎えるローマの人々。競技の席では、アントニーが3度シーザーに捧げようとした王冠を、シーザーは3度とも退けます。しかし、キャシアスやブルータスは、シーザーの野望を危惧していたのです。そして1人の占師が、シーザーに呼びかける「気をつけるがよい。三月十五日を」という言葉--------。このウィリアム・シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」は、確かにジュリアス・シーザーの暗殺を中心に描いた戯曲ではあるのですが、主役はジュリアス・シーザーその人ではないんですね。むしろ主役はブルータス。もしくは、その暗殺をめぐるブルータスとアントニー。もしくは群像劇といった印象です。クライマックスは、暗殺そのものは、早い時点で終わってしまい、その後の市民を前にした、ブルータスとアントニーの演説合戦がクライマックスとなります。「私はシーザーを愛していた。しかし、それ以上にローマを愛していたの...この感想を読む

4.54.5
  • dreamerdreamer
  • 21view
  • 1137文字
PICKUP

ジュリアス・シーザーの登場キャラクター

ジュリアス・シーザー

ジュリアス・シーザーの名言

もしふたたび相見る時が来たなら、そのときは、たがいに笑顔を。もしこなければ、それならそれで、こうして別れをかわしておいてよかったということになる。

ジュリアス・シーザー

主人公が戦場に赴く前に言った一言。悲哀と勇気を同時に感じさせる言葉。

ジュリアス・シーザーに関連するタグ

ジュリアス・シーザーを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ジュリアス・シーザーが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ