ハムレットのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,323件

ハムレット

5.005.00
文章力
4.75
ストーリー
4.75
キャラクター
4.75
設定
4.75
演出
4.75
感想数
2
読んだ人
2

ハムレットのあらすじ・作品解説

イングランドの劇作家、ウィリアム・シェイクスピアによって書かれたものである。シェイクスピアの四大悲劇のうちの一つで彼の作品としては最も長いものになる。当初は戯曲として書かれたが、小説や映画にもなり、世界的に有名な作品である。岩波書店から2002年に新訳で出版されたこの作品は翻訳の評判も高い。 内容は現王である弟に殺された元デンマークの王が、亡霊となり王子ハムレットに毒殺された事を告げ、復讐を迫る。王子は狂気を装い復讐する事を決めるが家族はオフィーリアへの叶わぬ恋心が狂気の原因だと推測するものの、王子自身は彼女を無下に扱う。ついに現王が暗殺犯だと確信し、復讐しようとするが間違えてオフィーリアの父を殺してしまい、意気消沈した彼女は溺死してしまう。現王とオフィーリアの兄は結託し王子を毒殺しようとするが手違いで現王の妃で、王子の母であるガートルートが死んでしまい、その後にオフィーリア兄と王子自身も毒に侵されて死に行く間、王子は親友に現王を殺し、この物語を語り継ぐように頼むものである。

ハムレットの評価

総合評価
5.005.00
(2件)
文章力
4.754.75
ストーリー
4.754.75
キャラクター
4.754.75
設定
4.754.75
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

ハムレットの感想

投稿する

ハムレットに関連するタグ

ハムレットを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ハムレットが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ