若草物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,274件

若草物語

4.504.50
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

若草物語のあらすじ・作品解説

若草物語はルイザ・メイ・オルコットによって1868年に書かれた小説で、原題は『Little Women(リトル・ウィメン)』である。 19世紀後半、南北戦争時代のアメリカを舞台にしており、メグ、ジョー、ベス、エイミーというマーチ家の4姉妹の日常を描いた作品で、全4作が刊行された。続編ではジョーが結婚し、その子供が登場するなど、親子三代に渡るストーリーが描かれることになる。 日本のみならず世界各国で愛されている作品で、1933年のキャサリン・ヘプバーン主演版や1949年のジューン・アリソン主演版など多数の映画が作られている。日本では1968年と1973年にテレビドラマ化されているが、舞台が日本になっているなど大幅な変更が加えられている。1980年には増山江威子主演で単発テレビアニメが放送され、1987年には『ハウス世界名作劇場』枠で山田栄子主演のアニメシリーズが放送された。南義郎や高河ゆんによる漫画も存在する。

若草物語の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

若草物語の感想

投稿する

若草物語の登場キャラクター

セオドナ・ローレンス

若草物語の名言

人が幸せになるのを喜べないようでは、人間として失格だね

セオドナ・ローレンス

メグがブルック先生からのプロポーズを受けたことを知ったジョオはひどく嫉妬し猛反対したジョオに対して言った言葉

若草物語に関連するタグ

若草物語を読んだ人はこんな小説も読んでいます

若草物語が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ