ロミオとジュリエットのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ロミオとジュリエット

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

ロミオとジュリエットのあらすじ・作品解説

「ロミオとジュリエット」は、1595年頃に執筆されたとされる、イギリスの文豪ウィリアム・シェイクスピアの戯曲である。 14世紀のイタリアの都市ヴェローナでは、キリスト教の教皇派と皇帝派が熾烈な争いを繰り広げており、皇帝派に属するモンテギュー家のロミオと、教皇派に属するキャピュレット家のジュリエットは、恋に落ちて秘かに結婚する。しかし、両家の争いで親友を殺されたロミオは、逆上してキャビュレット夫人の甥を殺してしまう。ジュリエットは、ロミオを救うために死んだふりをするという一計を案じるが、ジュリエットが死んでしまったと勘違いしたロミオは毒薬を飲んで自殺してしまい、それを発見したジュリエットも短剣で命を絶ってしまうというストーリーである。 シェイクスピアの作品の中では悲劇に分類されるが、いわゆるシェイクスピア四大悲劇の中には含まれていない。しかし、最も多くの映画やテレビドラマ、ミュージカルなどが制作されることになった作品でもある。

ロミオとジュリエットの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ロミオとジュリエットの感想

投稿する

ロミオとジュリエットの登場キャラクター

ジュリエット・キュピュレット

ロミオ・モンタギュー

ロミオとジュリエットの名言

ああ。ロミオ。どうしてあなたはロミオなの?

ジュリエット・キュピュレット

恋に悩むジュリエットが家のテラスで思いあまって告白する。

僕のことは恋人と呼んでほしい。それが僕の新しい名だ。

ロミオ・モンタギュー

恋人のジュリエットの告白に応えるロミオ。

「バラと呼んでいる花を 別の名前にしても美しい香りはそのまま」

ジュリエット・キュピュレット

ジュリエットがバルコニーからロミオに愛を伝えるシーンで使われたセリフ

ロミオとジュリエットに関連するタグ

ロミオとジュリエットを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ロミオとジュリエットが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ