変身のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

変身

4.384.38
文章力
4.50
ストーリー
4.38
キャラクター
4.25
設定
4.50
演出
4.63
感想数
4
読んだ人
18

変身のあらすじ・作品解説

変身はチェコ出身の作家フランツ・カフカによって書かれた短編小説である。カフカの作品の中ではもっともよく知られているものの一つ。 主人公は布地の販売をしているグレーゴル・ザムザ。彼は今の仕事は決して好きではないが、両親の借金を返済するために不満を抱きながら続けている。それまでは何も前兆がないのだが、ある朝目が覚めると彼は自分が虫になってしまっていることに気づく。変わり果てた姿になってしまった自分と周囲の反応が、ザムザの視点を交えながら細かく描写されていく。 カフカの作品は不安と孤独、そして不条理な世界がしばしば登場する。作品には理由なく不当な扱い、あるいは不幸な体験をする主人公がいて、小説ではそうした主人公の奇妙な体験が語られる。今作も同様で、自分が虫になってしまったという前提も異様だが、それにもましてザムザの感情、周囲の反応は理解できる範疇ではあるものの、一般的な感覚を超えた独特な世界を作り上げている。

変身の評価

総合評価
4.384.38
(4件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.384.38
キャラクター
4.254.25
設定
4.504.50
演出
4.634.63

評価分布をもっと見る

変身の感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

変身に関連するタグ

変身を読んだ人はこんな小説も読んでいます

変身が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ