小公女のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

小公女

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
3
読んだ人
3

小公女のあらすじ・作品解説

小公女は、アメリカの小説家バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ著作による児童小説である。1886年に、雑誌セントニコラスに連載されていたものを単行本として出版し、アメリカをはじめ多くの国でその名が知られるようになった。 19世紀のイギリスを舞台に、資産家の父を持ち裕福だった7歳の少女セーラが、父の死をきっかけにミンチン女子学院という宿舎での生活が一変し、貧しさの中、その優しさと気高さで、幸せな生活を手に入れるまでの物語である。 日本では、若松賤子が雑誌で「セイラ・クルーの話」と題して連載を行っていたのが最初である。その後は「父帰る」の著作でも知られる菊池寛によって翻訳もされ、多くの会社から出版されている。 1917年には、アメリカで、メアリー・ピックフォードを主演にした映画も製作されている。 また、日本では、フジテレビ系列で放送されていた世界名作劇場で1985年1月6日から同年12月26日までアニメとして放送され、「85年厚生労働省児童福祉文化奨励賞」を受賞するなど高い評価も得た作品である。

小公女の評価

総合評価
4.004.00
(3件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

小公女の感想

投稿する

女の子の憧れ

美人で優しくて、みんなに好かれているお金持ちの少女が、一転して無一文になり、それまでちやほやしていた大人たちが手の平を返したように冷遇するようになっても、変わらず明るく、優しく、前向きに生きていく物語です。そして、もちろん最後は素敵なハッピーエンド、少女は以前の幸せを取り戻します。そんな女の子なら誰でも一度は憧れる定番のストーリー展開は、決して嫌いではありません。でも、少しひねくれた小学生だった私は、主人公が『いい子ちゃん』過ぎるし、『苦しい時も前向きでいたら、絶対ハッピーエンドになるなんて夢物語』などと思ってしまい、それほど夢中になれませんでした。同じ、バーネットの作品なら、『秘密の花園』の方が好きです。でも、大人になってから考えると、逆境でも明るく、優しく、前向きでいることって、とても大切なことだなあとしみじみ思うようになりました。物語のような究極のハッピーエンドは無理でも、いつも...この感想を読む

3.03.0
  • 月読三葉月読三葉
  • 50view
  • 432文字

小公女の登場キャラクター

セーラ・クルー

よみがな:せーら・くるー 年齢(作品時):7歳 性別:女 国籍:イギリス 住まい:イギリス 性格:心優しい性格 特徴:芯の強さを持つ 特技:英語以外にフランス語も話せる 物語上での目的:貧しい女の子を通して現代の世の中を考え直してほしい 別名:サラ、セアラ、サアラ

小公女の名言

私もお話を聴いたり、本を読んだりする時、いつも主人公になったつもりになってしまうの。だけど、そのつもりになれることがお話や本の素敵なところだと思うわ。

セーラ・クルー

セーラがみんなに本を読んであげていた時のお話。

小公女に関連するタグ

小公女を読んだ人はこんな小説も読んでいます

小公女が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ