タイタニックのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

タイタニックのあらすじ・作品解説

タイタニックは1997年に上映された作品で監督ジェームズ・キャメロン、主演レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットの大ヒット作品である。 この作品は1912年に英国豪華客船が事故で沈没してしまうという実際に起こった沈没事故を元に貧しい青年のジャックと上流階級の娘ローズが出会い恋に落ちていくまでを船の沈没を交えて展開していく悲恋ストーリーである。 1500人の乗客と共に北大西洋3773メートルの深海に眠る船の引き上げ作業の中心人物、ラベットは沈没と共に行方不明になってしまった宝石碧洋のハートを見つけ出し一攫千金を狙っていた。ところが船にある金庫の中を開けてみた所若い女性が描かれた1枚の絵だけが出てきた。でもその描かれている女性が身につけていた物こそ碧洋のハートだった。 その作業の様子をテレビで見ていたローズは孫娘と一緒にラベットに会いに行き、自分が沈没船の生存者であり金庫から出てきた絵のモデルだと打ち明ける。そして悲劇の航海の様子をローズが語り始めるのである。

タイタニックの評価

総合評価
4.454.45
(30件)
映像
4.524.52
脚本
4.304.30
キャスト
4.444.44
音楽
4.524.52
演出
4.394.39

評価分布をもっと見る

タイタニックの感想

投稿する

命の尊さを本気で考えた作品

自然の恐ろしさを十分過ぎるくらい知る事となった作品”タイタニック”を見たのはいつ頃だったか良く覚えていませんが、いつ見たかとかではなくて、ストーリーや映像が頭に残っていてあの迫力があるシーンもずっと忘れられません。個人的なことですが昔から船が大嫌いでした。泳ぎも得意ではないし、もし船の事故にでもあったら、すぐに溺れてしまいます。そんな思いがあったからか、この作品中の映像が恐ろしすぎて見ることすらためらいました。タイタニック号が大きな岩にぶつかり人間がまるで米粒のように小さくて、蟻のようにジタバタ暴れても全く動じない大きくて恐ろしい海。現代も自然には勝てない時があります。地震、津波、噴火などです。目の前に広がる海は、自然のいたずらによって人間ではどうにもならないことが起こるのです。それは誰も予測出来ずに急に起こります。悲劇に立ち向かいいくら頑張っても人間の力には限界があります。その危険を...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 42view
  • 2031文字
PICKUP

感想をもっと見る(30件)

タイタニックの登場キャラクター

RoseDewittBukater

よみがな:ローズ・デウィット・ブケイター 性別:女 特徴:家が破産寸前のため母に言われるがままに政略結婚を強要され、彼女にとってのタイタニックは奴隷船同然であった。 特技:当時無名だったパブロ・ピカソやクロード・モネの才能を見抜く慧眼の持ち主 物語上での目的:決められた人生に絶望する最中、船尾か...

ジャック・ドーソン

タイタニックの名言

船の切符は僕の人生で最高の贈 り物だった。君に会えたからね。

ジャック・ドーソン

ジャックが凍え死む前のシーン。極寒の海の中、小さい板に掴まりながら・・・。

人生は贈り物、無駄にはしたく はありません。次にどんなカー ドが配られるのかは誰にもわか らない。人生をそのまま受け止 めるだけです。 毎日を大切にするために。

ジャック・ドーソン

船内で、上流階級の貴族たちと食事しているシーン。ジャックが話をふられた際に、お金はあるけど退屈そうな暮らしをしている貴族たちに言ってやった。

約束するんだ、生き抜くことを、たとえ何が 起こっても、 そしてどんなにつらくても、君はあきらめたりなんかしない。

ジャック・ドーソン

ジャックの最期の言葉・・・。命がけでローズを生かそうと、最期まで話しかけるシーン。話しかけながら徐々に沈み、死んでしまう。

名言をもっと見る(8件)

タイタニックに関連するタグ

タイタニックが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ