ターミネーター2のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ターミネーター2の評価

総合評価
4.674.67
(3件)
映像
4.504.50
脚本
4.674.67
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.834.83

評価分布をもっと見る

ターミネーター2の感想

投稿する

低予算映画は伝説へ

人気を不動のものとした第二作目「I`ll be back.」の決め台詞と共に世に名を知られた映画『ターミネーター』シリーズ。近年にも新作が発表されるなど、現代では知らぬ者のいない人気シリーズとなっている映画であるが、その人気を不動のものとしたのはこの第二作目『ターミネーター2 ジャッジメントデイ』であろうと筆者は考えている。執拗に追跡するターミネーターからの逃走・撃退をメインとした一作目と同様に、二作目もターミネーターからの逃走・撃退がメインとなる。ただし、一作目がほぼ防戦一方だったのに対し、今回はシュワちゃんターミネーターことT-800が味方となり、「お小遣いの管理も出来なかった」はずのジョン・コナーの母、サラ・コナーと共に新型ターミネーターT-1000に立ち向かう。もちろん、少年ジョン・コナーも大活躍だ。ややホラーのテイストを匂わせた前作とは異なり、アクションと爽快感を押し出した今作は、親子愛と...この感想を読む

4.04.0
  • すらりすらり
  • 79view
  • 2038文字
PICKUP

ロボット映画の最高傑作!

ターミネーター2で初めて登場した液体金属で構成された最新モデルT-1000型はかなりインパクトがありました。変幻自在に姿形を変化させ、建物への侵入や他人そっくりに変身したりなど旧式のT-800・モデル101型ではできないことがたくさんできるようになりました。2体のターミネーターの戦闘シーンは迫力満点で、CGを駆使したT-1000の動きは特に圧巻でした。前作では無敵だった旧式モデルですが、T-1000相手では多くの面で劣っており全く歯が立ちません。あらゆる面でバージョンアップして触った人間に変身することさえできるT-1000ですが、作中CGを使わずにT-1000が変身をしたように見せる場面もあったようです。病院の警備員が殺されるシーンでは、T-1000が警備員に変身して殺していますが、実際はこの警備員は双子でCGは使っていないようです。またサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンも双子で、T-1000が変身したサラと相対するシーンなどは双子の姉レス...この感想を読む

5.05.0
  • kokohanakokohana
  • 36view
  • 505文字

ターミネーター2の登場キャラクター

サラ・コナー

年齢(作品時):29歳 性別:女性 所属:無職 性格:勇猛果敢であるが、少々頑固 特徴:鍛え上げられた肉体 趣味:喫煙 トラウマ:前作でT800に襲われており、今作でT800に遭遇した際、腰を抜かしている 役者:リンダ・ハミルトン 家族構成:息子:ジョン・コナー 初登場シーン:精神病院

ターミネーターT-800

性別:男性 所属:スカイネット→反乱軍 性格:前作のT800と比較して、人を重んじ、主にサラとジョンを気にかける 物語上での目的:後に反乱軍のリーダーとなるジョン・コナーを殺害しようとするT1000を食い止める 役者:アーノルド・シュワルツェネッガー 敵対者:T1000 協力者:サラ・コナー、ジョン・コナー、マイ...

ジョン・コナー

ニックネーム:ジョン 生年月日:1985年2月28日生まれ 年齢(作品時):10歳 性別:男性 国籍:アメリカ 性格:少々冷たいが、人を思いやる優しさも持ち合わせている 特徴:金髪のサラサラヘアー 特技:クラッキング 役者:エドワード・ファーロング 家族構成:母親:サラ・コナー、父親:カイル・リース

キャラをもっと見る(4件)

ターミネーター2の名言

本当に何かをつくるっていうのは、命を育てること。それができるのは、女だけよ。男がつくりだしてきたのは、死と破壊だけじゃない!

サラ・コナー

未来に戦争を起こすスカイネット誕生に繋がるコンピュータ素子を開発するのがサイバーダイン社の技術者ダイソンであることを知ったサラは、単身でダイソンの殺害を試みるが、彼の傷を負いながらも妻子を庇う姿に思い留まる。サラを追って来たジョンとT-800は、ダイソンに未来に起きる全てを話した。それを聞いて「私を責めるのか。実現してないことで。私に分かるはずないだろう」と言うダイソンに、サラが言った言葉。

NO FATE.(運命は変えられる)

サラ・コナー

1997年8月29日、人口知能スカイネットと人類間に核戦争が起き、多くの人命が失われ、機械兵士ターミネーターと人間との死闘が始まる。その人類のリーダーとなるジョン・コナーを産むサラ・コナーに、未来からサラを守るために送られてきたジョンの父カイル・リースが送った言葉。

私に分かるはずがないだろう。あなたみたいな人が、水爆をつくったのよ。未来のことは考えずに。

サラ・コナー

未来に戦争を起こすスカイネット誕生に繋がるコンピュータ素子を開発するのがサイバーダイン社の技術者ダイソンであることを知ったサラは、単身でダイソンの殺害を試みるが、彼の傷を負いながらも妻子を庇う姿に思い留まる。サラを追って来たジョンとT-800は、ダイソンに未来に起きる全てを話した。それを聞いて「私を責めるのか。実現してないことで。私に分かるはずないだろう」と言うダイソンに、サラが言った言葉。

名言をもっと見る(12件)

ターミネーター2に関連するタグ

ターミネーター2が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ