ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,555件

ハリー・ポッターと賢者の石のあらすじ・作品解説

「ハリー・ポッターと賢者の石」はイギリスの児童文学作家J・k・ローリングが1997年に発表した子供向けファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの第一作品目。同年のカーネギー賞佳作に選出されたほか数々の賞を受賞し、2001年に映画化された。 ハリウッドのワーナー・ブラザーズ制作で映画化され、第74回アカデミー賞では作曲賞・美術賞・衣装デザイン賞の3つの賞においてノミネートされた。脚本はスティーブ・クローブス、監督はクリス・コロンバス、音楽はジョン・ウィリアムズ、制作はデヴィッド・ハイマンである。主人公ハリー・ポッターを演じたのはダニエル・ラドクリフ、日本語吹き替えは小野賢章。ロン・ウィーズリーを演じたのはルパート・グリント、日本語吹き替えは常磐祐貴。ハーマイオニー・グレンシャーを演じたのはエマ・ワトソン、日本語吹き替えは須藤裕実である。 映画では原作との相違点がいくつかあり、多少省略された形となっている。

ハリー・ポッターと賢者の石の評価

総合評価
4.344.34
(19件)
映像
4.534.53
脚本
4.194.19
キャスト
4.364.36
音楽
4.534.53
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

ハリー・ポッターと賢者の石の感想

投稿する

賢者の石にみるハーマイオニーの変貌

頭がよく優等生のハーマイオニー・グレンジャー。そんなハーマイオニーがハリー・ロンとともに、校則を無視することに抵抗がなくなっていく過程が顕著に描かれているのがこの「賢者の石」。ハーマイオニーの言葉とともに心の変化をおっていきます。「もっと悪くすれば退学ね」ハーマイオニーがハリー&ロンと立ち入り禁止の四階の部屋から出た後「あなたたちと一緒にいたら命がいくつあっても足りないわ」のあとに続けて言った一言です。「死ぬより退学の方が悪いのかよ」とロンのセリフが続きますが、この時のハーマイオニーの中で一番悪いのは退学になることだったのでしょう。ハリーたちと出会う前は校則を破るなんて絶対にありえないことだったのだろうと容易に想像できる一言です。学校が始まるまでに教科書すべてに目を通し、呪文が書いてあるページ数まで覚えている、まさに優等生の鏡です。予習が完璧なのはホグワーツ特急の中で、「どの呪文もちゃ...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 76view
  • 2008文字
PICKUP

感想をもっと見る(19件)

ハリー・ポッターと賢者の石の登場キャラクター

ペチュニア・ダーズリー

よみがな:ぺちゅにあ・だーずりー 性別:女性 住まい:プリベット通り四番地 所属:マグル 特徴:痩せ型で馬のような顔と人の二倍はあるとされる長い首が特徴 趣味:長い首で近所を覗き見ること 夫:バーノン・ダーズリー 姉妹:リリー・ポッター 子ども:ダドリー・ダーズリー 甥:ハリー・ポッター

バーノン・ダーズリー

よみがな:ばーのん・だーずりー 性別:男 住まい:プリベット通り四番地 所属:マグル 特徴:でっぷりとした体付きで、首はほとんどない。赤ら顔で口髭が特徴的 価値観:魔法を含む「まともでないもの」を嫌っており、架空の出来事であっても、その存在を一切認めない 職業:グランニングズ社長 妻:ペチュニア 妹:マ...

ダドリー・ダーズリー

よみがな:ダドリーダーズリー ニックネーム:ダッド、ビッグD 生年月日:1980年6月23日 年齢(作品時):11歳 国籍:イギリス 住まい:サレー州 リトルウィンジングプリペッド通り4番地 所属:スメルティング男子校 性格:我侭かつ意地悪 特徴:でかくてウスノロ 趣味:ハリー狩り

キャラをもっと見る(11件)

ハリー・ポッターと賢者の石の名言

敵に立ち向かうためにはとても勇気がいる。しかし、友人に立ち向かうためにも同じくらい勇気がいるものじゃ。

アルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア

禁止された行動を止めようとしたネビルにダンブルドアが言った言葉。

ハリー・ポッターと賢者の石に関連するタグ

ハリー・ポッターと賢者の石が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ