ラストタンゴ・イン・パリのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ラストタンゴ・イン・パリのあらすじ・作品解説

ストレイト・ストーリーは、2000年に公開されたアメリカ・フランス映画である。監督は、「イレイザーヘッド」「ブルーベルベット」「ワイルド・アット・ハート」のデヴィッド・リンチ。脚本は、ジョン・ローチ、メアリー・スウィーニー。音楽は、「ツイン・ピークス」「隣人は静かに笑う」のアンジェロ・バダラメンティ。出演者は、リチャード・ファーンズワース、シシー・スペイセク、ハリー・ディーン・スタントン、エヴェレット・マッギル。 娘と暮らしている73歳のアルヴィン・ストレイトは、足腰を悪くしてしまい歩くのにも難儀しながら生活をしていた。ある日、何年も絶交状態の兄が心臓発作で倒れたことを聞き、隣の州に住む兄の家へ訪れることにする。しかし、車の免許を持っていないストレイトは、なんと小さなトラクターに乗って出発するのだった。 1994年に起きた実話を基に描いた、ハートウォーミング・ドラマである。 ニューヨーク映画批評家協会賞にて主演男優賞、インディペンデント・スピリット賞にて主演男優賞を受賞した。

ラストタンゴ・イン・パリの評価

総合評価
3.503.50
(2件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ラストタンゴ・イン・パリの感想

投稿する

荒涼たる現代の絶望的な孤独と不毛の愛を、悲痛な美しさで描く戦慄的なニヒリズム 「ラストタンゴ・イン・パリ」

とにかく、このベルナルド・ベルトリッチ監督の「ラストタンゴ・イン・パリ」は凄い映画だ。そして、その凄さは"大胆なセックス表現"にあると言われている。だが、もしそうした興味で観てしまうと、肩透かしをくうのではないかと思う。この映画は、かなり高度な、知的な映画なのだと思う。荒涼たる現代の絶望的な孤独と不毛の愛を描いていて、それは悲痛な美しさであり、戦慄的なニヒリズムだ。その意味では、確かに凄い映画なのだ。一人のダメな中年男(マーロン・ブランド)が主人公だ。そして、彼の相手は奔放で無邪気な、だがファーザー・コンプレックスの若い娘(マリア・シュナイダー)だ。男の名はポール、女の名はジャンヌ。二人はお互いにアパートを探して、偶然に同じ空き室で出会う。そして、沈んでいた男は突然、衝動的に動物的な荒々しさで女を抱き、娘もまた、それに激しくこたえる。こうして彼らは、男が借りた部屋で、男の提案通り、名乗りあわ...この感想を読む

4.04.0
  • dreamerdreamer
  • 45view
  • 1700文字
PICKUP

幻想から帰ろう

絵画的な美しさこの映画の前評判は「ドギツイ性描写」だった。イタリアでは公開4日目にして「わいせつな映画だ!」と評判をくらい、上映禁止にまで追い込まれたほど・・・。しかし実際は絵画的な美しさに富んだ映像であった。観る回数を重ねるごとに、その魅力はどんどん増していくようにも思う。特に美しいと思ったのは、空間内にいる人物たちの距離感だ。鏡やすりガラス、壁などを使用し、人物同士の距離感や奥行きをより豊かに表現し、また流れるようなズームイン・アウトやパンはまるでカメラがめくるめく踊っているようである。そしてそんな批評とは裏腹に、この映画はとても哲学的な良い映画だ。映画監督を描く理由「なぜジャンヌの彼は映画監督でなければならなかったのか?」彼そのものはストーリーにあまり影響してこないのだが、彼の存在こそこの映画そのものの本質を表しており、映画がどこまで幻想であっていいのかを表象しているように思う。...この感想を読む

3.03.0
  • 鯖味噌先輩鯖味噌先輩
  • 88view
  • 1040文字

ラストタンゴ・イン・パリに関連するタグ

ラストタンゴ・イン・パリが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ