千と千尋の神隠しのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,555件

千と千尋の神隠し

4.584.58
映像
4.75
脚本
3.77
キャスト
4.35
音楽
4.50
演出
4.25
感想数
4
観た人
56

千と千尋の神隠しの評価

総合評価
4.584.58
(4件)
映像
4.754.75
脚本
3.773.77
キャスト
4.354.35
音楽
4.504.50
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

千と千尋の神隠しの感想

投稿する

誰もが主人公になれる

新しい主人公設定この作品以前の女性主人公というと、「風の谷のナウシカ」のナウシカを始め、「もののけ姫」のサン、「魔女の宅急便」のキキは、力強く行動力があり逆境をも乗り越える活力を感じさせ、観る者に憧れと勇気と力を与えてくれるような人物像だった。主人公だけではなく、宮崎駿作品に出てくる女性は、力強く生き生きした姿で描かれている。例えば「風の谷のナウシカ」では、風の谷のオババを始め森の一部が菌に侵された時、女性達の対峙の姿は男性顔負けの勇敢さである。「もののけ姫」では多々良で働く女性達の姿や、「魔女の宅急便」ではパン屋のおソノさんを始め魚のパイが得意なお婆さんとそのお手伝いのお婆さんも生き生きと描かれている。もちろん、今回の作品もそうした女性は出てくる。中でも湯屋の従業員兼、千尋の世話係リンは、とても元気でイキイキとしている。しかし、今回の主人公である千尋は、少し内気で弱虫な、何処にでもい...この感想を読む

4.54.5
  • フルムーンフルムーン
  • 31view
  • 2232文字
PICKUP

ジブリ最後の名作

だと思っています。テーマは主人公の成長、でしょうか。しかしそこは宮崎駿監督、単なるブレイブストーリーを描くということをしない人です。小学生の千尋は家族と引越しの車移動中、森の中で迷ってしまいます。トンネルを抜けた先には奇妙な街が存在し、無人の商店の食べ物を食べてしまった両親は豚になってしまいます。捕獲された両親を助けるべく、千尋は画策してゆくのですが・・・。この物語の冒頭、何とも衝撃的でありました。小学生にとって、親という存在は絶対的なものです。それがいきなり豚ですよ。ここで千尋は、今まで頼りにしてきた大きな後ろ盾を突然失うわけです。こういうことって、実は人生につきものですよね。それをこのテイストで描いたのは、さすがジブリといったところでしょう。余談ですが、ジブリ飯と称される例の大変おいしそうな食べ物、ここの作品では千尋の両親が食べた中華風のアレがベストでしょうね。再現レシピなんかもよ...この感想を読む

4.04.0
  • なおなおなおなお
  • 14view
  • 731文字

千と千尋の神隠しとタイトルがありますが千とは何かわかりますか?千とは千と千尋の神隠しにでてくるユバーバという魔女がつけた名前です。千とハクとの絆はすごいものです!まず、千(千尋)の両親が豚になってから物語りが始まります。小さい頃、千は川に落ちその時龍が助けてくれたそうです。千はハクに乗った時小さい時川に落ちた事をハクに話しました。こはくがわという名前だったそうです。ある時ハクがゼニーバというユバーバの双子の姉から大事なハンコを盗み出しました。そのハンコには呪いがかけてあり「盗んだ者は死ぬように」とかけてあったそうです。ハクはハンコを飲みこみ体の中で何かがハクを苦しめていて千はハクを助けるため川の神様から貰った苦団子をハクに飲みこませ体の中にいた者を吐き出させました。次に私の好きなシーンが出てきます!!ハクが吐き出した黒い物を千が踏んでしまい、釜ジーという足の長いおじさんが千に「えんがちょ」...この感想を読む

4.84.8
  • 青い鳥青い鳥
  • 24view
  • 551文字

感想をもっと見る(4件)

千と千尋の神隠しの登場キャラクター

銭婆

よみがな:ぜにーば 性別:女性 国籍:日本 住まい:八百万の神々が集うと言われる湯屋「油屋」。 所属:八百万の神々が集うと言われる湯屋「油屋」の経営主の金にがめつい魔女。 性格:強欲で、思いついたことを何でもズケズケと言って口やかましい。部下はアゴでこき使うくせに、自分の息子は甘やかし放題。見た目...

釜爺

よみがな:かまじい ニックネーム:自分のことを「扱き使われてるジジイだ」と言っている。 性別:男性 国籍:日本 住まい:湯屋「油屋」のボイラー室。 所属:湯屋「油屋」の釜場でボイラーを担当している老人。「油屋」で使われる湯を沸かし、薬湯の薬を調合する仕事をしている。 性格:仕事に厳しい職人気質の人物...

ハク

よみがな:はく 年齢(作品時):外見年齢は12歳。 性別:男性。 国籍:日本 住まい:湯屋「油屋」。もともとは千尋が以前住んでいた家の近くを流れていた「コハク川」。 所属:湯婆婆の弟子であり、湯屋の帳場を預かっている。 性格:不思議の町に迷い込んだ千尋と最初に出会ったのはハクであり、千尋が消えてしまい...

キャラをもっと見る(9件)

千と千尋の神隠しの名言

釜爺にお礼言ったの?世話になったんだろ?

リン

豚になった親を助け自分が生き残る為に仕事を持たなければならなくなった千は釜爺に働かせてくれとお願いするが断られる。 そんな時に仕事で釜爺を訪れたリンに釜爺は千の世話を頼む。 渋々承諾したリンが付いてきなと千に声をかけると千は釜爺に背を向けリンの元へ。 そんな千の態度に対して、リンは社会人として当たり前のことを指摘した。

手ぇ出すなら終いまでやれ!

釜爺

ススワタリが運んでいた途中の石炭を拾ったはいいが、結局その後どうすれば良いか分からずオロオロしている千尋への台詞。

あんたも気まぐれに手ぇ出して人の仕事を取っちゃならね!

釜爺

仕事をしないとただのススに戻ってしまうススワタリ。千尋がススワタリの仕事を手伝ったことでススワタリがサボるように。そんな場面で釜爺が千尋に言ったセリフです。

名言をもっと見る(11件)

千と千尋の神隠しに関連するタグ

千と千尋の神隠しが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ