ショーシャンクの空にのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ショーシャンクの空にのあらすじ・作品解説

ショーシャンクの空には、スティーヴン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」の作品をフランク・ダラボン監督・脚本で映画化された。1994年9月10日アメリカ・1995年6月3日に日本で公開された。1996年第19回日本アカデミー賞にて「外国作品賞」を受賞。1995年第67回アカデミー賞では作品賞・主演男優賞などの7部門にノミネート、1995年第52回ゴールデングローブ賞では最優秀主演男優賞(ドラマ)・最優秀脚本賞にノミネートされた。 ショーシャンク刑務所にいる銀行家アンディは妻と愛人を射殺したとして捕まっていた。アンディが持つ不思議な魅力で受刑者達はこころを奪われていく。20年後の月日が流れたある日、アンディは面材を晴らす証拠を掴んだが…。 アンドリュー・"アンディ”・デュフレーン:ティム・ロビンス、エリス・ボイド"レッド”・レディング:モーガン・フリーマン、サミュエル・ノートン刑務所長:ボブ・ガントン等がキャスティングされた。

ショーシャンクの空にの評価

総合評価
4.534.53
(20件)
映像
4.244.24
脚本
4.424.42
キャスト
4.474.47
音楽
4.114.11
演出
4.294.29

評価分布をもっと見る

ショーシャンクの空にの感想

投稿する

感想をもっと見る(20件)

ショーシャンクの空にの登場キャラクター

アンドリュー・デュフレーン

よみがな:あんどりゅー・でゅふれーん ニックネーム:アンディ 身長:190cm以上 性別:男 住まい:ショーシャンク刑務所 所属:ショーシャンク刑務所 ポリシー:音楽と希望は誰にも奪えない 趣味:鉱物採集 特技:税務処理 物語上での目的:脱獄

ブルックス

よみがな:Brooks Hatlen

エディス・ボイド・レディング

ショーシャンクの空にの名言

Brooks was here

ブルックス

出所間もない老いた元囚人が塀の中と表の世界のギャップについて行けなく、首を括り自殺する直前に壁に掘った言葉。

音楽は決して人から奪えない。そう思わないか?

アンドリュー・デュフレーン

刑務所の中にいても自分の心の中にある音楽は誰にも奪う権利はない。過酷な状況でも希望を失わないアンディの静かな決意が垣間見えるセリフ。

心の豊かさを失っちゃだめだ

アンドリュー・デュフレーン

刑務所の中でレコードをかけ懲罰を科せられたアンドリューが、懲罰明けに囚人仲間たちに言った言葉。

名言をもっと見る(12件)

ショーシャンクの空にに関連するタグ

ショーシャンクの空にが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ