陽気なギャングが地球を回すのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,226件

陽気なギャングが地球を回す

4.504.50
文章力
4.75
ストーリー
4.38
キャラクター
5.00
設定
4.75
演出
4.50
感想数
4
読んだ人
11

陽気なギャングが地球を回すのあらすじ・作品解説

『陽気なギャングが地球を回す』は祥伝社から刊行された伊坂幸太郎のサスペンス小説であり、2006年には大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香らのキャストで映画化された。講談社でのコミック化もされており、伊坂幸太郎の名をミステリファンに留まらず世間一般に知らしめた作品である。 この作品は4人組の銀行強盗によって繰り広げられる群像劇である。人の嘘を見抜く名人、正確無比な体内時計を持つ女、スリの名人、そして演説の達人というそれぞれ特異な才能を持った4人がタッグを組み、「人を傷付けない」というポリシーの下銀行強盗を繰り返していた。ある日、4人がいつも通り銀行を襲い奪ったお金を輸送中、別の現金輸送車襲撃犯にお金を横取りされてしまうというハプニングが発生する。そのお金を奪還すべく4人は動き出すが、予想外の出来事が次々に起こり右往左往してしまう。サスペンスでありながら登場人物たちのどこかコミカルなやりとりが読む人を飽きさせず、テンポ良く最後まで読める作品である。

陽気なギャングが地球を回すの評価

総合評価
4.504.50
(4件)
文章力
4.754.75
ストーリー
4.384.38
キャラクター
5.005.00
設定
4.754.75
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

陽気なギャングが地球を回すの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

陽気なギャングが地球を回すの登場キャラクター

成瀬

よみがな:なるせ

陽気なギャングが地球を回すの名言

人は外見に騙される、という例だよ。見た目は大事なんだ

成瀬

強盗団の一員がふざけて警官の恰好をして仲間に会ったら、銃で撃ち殺されてしまった。という例の後に言った言葉。真実と嘘を見極めなくてはならない。

陽気なギャングが地球を回すに関連するタグ

陽気なギャングが地球を回すを読んだ人はこんな小説も読んでいます

陽気なギャングが地球を回すが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ