死神の精度のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

死神の精度

4.604.60
文章力
4.38
ストーリー
4.70
キャラクター
4.90
設定
4.50
演出
4.70
感想数
5
読んだ人
14

死神の精度のあらすじ・作品解説

死神の精度は2005年6月に発売された伊坂幸太郎による小説である。第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞や、第134回直木三十五賞候補、2006年本屋大賞第3位になるなど高い評価を受けている。6編からなる短篇集で、2013年7月には続編となる『死神の浮力』が発売された。 死神は人間の世界に派遣され、一週間の調査ののち対象者に生死の判断を下し、「可」となった場合には8日目には対象者は死亡する。生死の判定は死神の裁量に任されているが、「見送り」となることはほとんど無い。 2006年にはNHKーFMの青春アドベンチャーでラジオドラマ化される。2008年には金城武主演で映画化され、金城武にとっては6年ぶりの日本映画出演となった。2009年には「7Days Judgement」と「Live,Love,Drive」というタイトルで2度舞台化された。「7Days Judgement」は「死神と藤田」、「Live,Love,Drive」では「死神対老女」「恋愛で死神」「旅路を死神」を取り上げている。

死神の精度の評価

総合評価
4.604.60
(5件)
文章力
4.384.38
ストーリー
4.704.70
キャラクター
4.904.90
設定
4.504.50
演出
4.704.70

評価分布をもっと見る

死神の精度の感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

死神の精度の登場キャラクター

死神

死神の精度の名言

人間というのは、眩しい時と笑う時に、似た表情になるんだな

死神

老女が太陽がまぶしいと目じりにしわを寄せたのを見て、死神は彼女が笑ったのだと思った。

死神の精度に関連するタグ

死神の精度を読んだ人はこんな小説も読んでいます

死神の精度が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ