誘拐ラプソディーのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

誘拐ラプソディー

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

誘拐ラプソディーの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

誘拐ラプソディーの感想

投稿する

荻原浩らしさてんこもりのハートウォーミングストーリー

借金を背負って誘拐を企てたもののこの作品は、借金を背負ってにっちもさっちも行かなくなってしまった男、秀吉が自殺を試みようとする場面から始まる。首吊りにしようと枝を選ぶも、枝が折れるかもしれないと言い訳をして止め、飛び降りにしようと思うも、足が痛くなってこれ以上飛べないと止め、いろいろしているところはまるでコントのようなテンポのよさで、笑ってしまうところだ。結局自殺する勇気もなく、どうするか途方にくれているところ、自分の車で子供が寝ている。そこでこの男の子を誘拐することを秀吉は思いつくのだ。この短絡思考のところもなんとも秀吉らしい。刑務所にいるときに知り合った男が絶対捕まらない誘拐の仕方を聞いていた秀吉は、この子供が神様からのプレゼントのように思う。でも実はこの男の子、ヤクザの息子だったという展開は、いかにも荻原浩らしいユーモアとセンスにあふれていて、ページを繰る手が止まらなかった。ヤク...この感想を読む

4.04.0
  • miyayokomiyayoko
  • 9view
  • 3311文字
PICKUP

誘拐ラプソディーに関連するタグ

誘拐ラプソディーを読んだ人はこんな小説も読んでいます

誘拐ラプソディーが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ