アメリカン・ビューティーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

アメリカン・ビューティーのあらすじ・作品解説

公開当時、アメリカの静かな闇を巧みに描いていることで話題となったヒューマン映画、アメリカン・ビューティーはサム・メンデス監督により、中年の男性の心理を描いた作品である。 クセのある演技で定評かある俳優、ケヴィン・スペイシー演じる主人公は、中年の冴えない男。妻や娘にも馬鹿にされて、自分の家であるのにも関わらず、居場所をなくしていた。仮面家族のような一家、しかしティーンエイジャーの娘の友人に恋をしたことにより、彼は変化していく。 密かに彼女に想いを寄せながら、年甲斐もなく筋トレを始めたり、少年のように空想に更けることが多くなっていく。少女ながらも色気漂う彼女の一言一言に一喜一憂する中年男性と、崩壊に進む家族。 アメリカに華やかなイメージを抱き夢を見る者も多いが、この映画こそが真実のアメリカの姿であると言わしめた作品であり、始まりからラストまで正にアメリカの闇のビューティーを描いたヒューマンストーリーである。

アメリカン・ビューティーの評価

総合評価
4.254.25
(6件)
映像
4.174.17
脚本
4.004.00
キャスト
4.584.58
音楽
4.424.42
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

アメリカン・ビューティーの感想

投稿する

壊れゆくアメリカの家庭を通して現代社会の閉塞感と悲劇性をシニカルなブラック・ユーモアで描いたサム・メンデス監督の秀作「アメリカン・ビューティー」

この映画「アメリカン・ビューティ」は、20世紀が終わろうとしていた時に製作された、アメリカ社会やアメリカの家庭が抱えている闇や閉塞感、アメリカン・ドリームというものの終焉をシニカルに、なおかつ喜劇的に見つめたアイロニーに満ちた刺激的な作品です。 監督は演劇畑の舞台監督出身のサム・メンデスで、彼の映画監督としてのデビュー作で、撮影は今や「明日に向って撃て!」、「ロード・トゥ・パーディション」と本作で3度のアカデミー賞最優秀監督賞に輝く、伝説のカメラマンのコンラッド・L・ホール。 ごく普通の平凡なアメリカ市民として、ありきたりの普通の生活を送る事が、いかにストレスに満ち溢れているのかを、中産階級の家庭を中心に描いていて、リストラという厳しい現実にさらされる中年サラリーマンのレスター(ケヴィン・スペイシー)、何の取柄もない夫にうんざりしながら、自分の理想とするお洒落な生活を夢見て躍起になる妻キャロリン...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 23view
  • 2401文字
PICKUP

感想をもっと見る(6件)

アメリカン・ビューティーの登場キャラクター

アンジェラ・ヘイズ

レスター・バーナム

チャールズ・ディードリッヒ

アメリカン・ビューティーの名言

今日という日は、残りの人生の最初の1日

チャールズ・ディードリッヒ

今日はいったい何なのかをよく教えてくれている一言

美のあふれる世界で 怒りは長続きしない

レスター・バーナム

レスターが最後に隣家の大佐に殺され、死の瞬間に人生を回想しながら語る台詞。

決められた運命って必ず実現するのよ

アンジェラ・ヘイズ

ジェーンがモデル志望の友達、アンジェラに「きっとモデルになれる」と言った後、アンジェラが確信したように言った台詞。

アメリカン・ビューティーに関連するタグ

アメリカン・ビューティーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ