マーズ・アタック!のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マーズ・アタック!のあらすじ・作品解説

「マーズ・アタック!」はアメリカで制作されたSF映画である。ティム・バートン・プロダクションの制作でワーナー・ブラザーズの配給で1996年12月13日にアメリカで初めて公開された。日本では、翌年1997年の3月20日に公開された。全編で1時間46分の作品で、全世界で興行収入10億ドルを達成するほどの人気を誇っている。監督はティム・バートンが務め、1994年にアメリカ映画協会の生涯功労賞を授与されたジャック・ニコルソンや2010年にゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞しているナタリー・ポートマンらが出演している。また、女優のシルヴィア・シドニーは本作が遺作となった。 ストーリーはUFOの大群が地球の上空に姿を現し、乗っていた火星人が地球人にコンタクトをとってきた。様々な人の思惑が絡み合う中、アメリカ大統領は歓迎のセレモニーを開催する。その最中友好的だった火星人の態度が一変、地球人を光線銃で虐殺し始めてしまう、というもので、火星人がむき出しの脳みそと骸骨のような姿をしているのが特徴である。

マーズ・アタック!の評価

総合評価
4.004.00
(3件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
3.833.83
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

マーズ・アタック!の感想

投稿する

マーズ・アタック!に関連するタグ

マーズ・アタック!を観た人はこんな映画も観ています

マーズ・アタック!が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ