グリーンマイルのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

グリーンマイルのあらすじ・作品解説

グリーンマイルは2000年に公開されたスティーブン・キング脚本のファンタジー映画である。 大恐慌時代、コールド・マウンテン刑務所の看守主任を務めるポールの下に双子の少女を強姦し殺人を犯した罪で死刑囚の大男コーフィーがやってくる。だがその風体とは裏腹に心優しい性格の男だった。 ある時ポールは患っていた尿道炎により舎房内で倒れてしまうがコーフィーの不思議な力で尿道炎を治してしまう。その後も知事の義理の甥のパーシーにより重傷を負わされたネズミのミスター・ジングルスも彼の不思議な力で命を救う。そんな中ウォートン通称ワイルド・ビルという凶悪な死刑囚が送られてくる。ポールはコーフィーを連れ出し不思議な力で所長の妻メリンダの脳腫瘍を治療させる。帰ってきたコーフィーはパーシーにメリンダから吸い取った病気を移した。パーシーは錯乱しウォートンを拳銃で射殺、精神病院に送られる。実は双子姉妹を殺害したのはウォートンだったのだそれを知ったポールはコーフィーに脱獄を進めるがこれを拒否し死を選びポールの手で処刑された。

グリーンマイルの評価

総合評価
4.504.50
(12件)
映像
4.274.27
脚本
4.594.59
キャスト
4.594.59
音楽
4.184.18
演出
4.454.45

評価分布をもっと見る

グリーンマイルの感想

投稿する

どうしようもないせつなさ

死刑囚が収容される刑務所が舞台グリーンマイルとは、死刑囚が人生最後に歩む、処刑台へと続く緑色の廊下のことである。主人公のポールは、死刑囚を収容する刑務所の看守である。ある日この刑務所には、身長2mはあるであろう、黒人の大男が収容されてくる。コーフィーというこの男は、双子の女児の強姦殺人という凶悪犯罪を起こしたとされていた。そしてこの刑務所では同時期に、知事の妻の甥であるパーシーという傲慢な男が新しい看守としてやってきていた。パーシーは、大男のコーフィーにも臆せず傲慢な態度で接していた。ここまでのシーンだけで、観客はコーフィーよりパーシーを嫌なやつだという印象を持つだろう。コーフィーはパーシーの挑発にも乗らず、その体格をもってしてパーシーなど一瞬で吹き飛ばせそうなものだが、コーフィーは凶悪犯罪を起こしたとは思えないほど穏やかで、死刑囚となった自分の人生にも、どこか諦めたような落ち着いた様子...この感想を読む

4.04.0
  • sanansanan
  • 808view
  • 2087文字
PICKUP

感想をもっと見る(12件)

グリーンマイルに関連するタグ

グリーンマイルが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ