ジュラシック・パークのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,646件

ジュラシック・パークのあらすじ・作品解説

ジュラシック・パークは、1993年に公開されたユニバーサル・スタジオ配給のSF映画である。 マイケル・クラプトンの同名小説を原作に、スティーブン・スピルバーグが監督をつとめたことでも知られている。遺伝子操作によって現代に蘇った恐竜と主人公達が絶海の孤島を舞台に繰り広げるサバイバル性をメインとした娯楽映画である反面、一貫して生命倫理の問題が主要的なテーマとなっている。 本作品は全世界興行収入が9億ドルをこえるヒット作である。これは歴代映画作品でも14番目の売り上げであり、監督をつとめたスピルバーグ作品でも2014年時点で最大のヒット作となっている。また、アニマトロニクスとCGによって制作された恐竜が第66回アカデミー視覚効果賞を受賞している。 後に本作はシリーズ化され、全3作まで制作・公開されている。本国のアメリカでは2013年に3D映画としてリバイバル公開されている。 また、配給会社であるユニバーサル・スタジオ運営のテーマパークでは、本作をモチーフとするアトラクションが制作されている。

ジュラシック・パークの評価

総合評価
4.644.64
(21件)
映像
4.664.66
脚本
4.614.61
キャスト
4.534.53
音楽
4.614.61
演出
4.664.66

評価分布をもっと見る

ジュラシック・パークの感想

投稿する

クローン開発に対する倫理観と問題点を問う映画

生命の可能性に対する人間の認識不足ジュラシック・パークの恐竜はクローンでできていて、卵から孵化するときはパークの創設者であるジョン・ハモンド氏を親であると認識させるために必ず立ち会うようにしていました。恐竜はすべてメスであり、卵を外で産むことはないように管理していました。ハモンド氏が本物の恐竜でパークを作ったのは、「まやかしではない本物をつくりたい」という思いからで、ほぼ道楽で作ったのではないかと思うほどです。未知数の生き物を扱っている割には職員の数は多くなく、施設を管理しているコンピュータエンジニアは1人しかいませんでした。彼はお金に困っていることもあり仕事量に比べて給料が少ないと訴えていました。個体数の管理も完璧で、恐竜はすべて管理しているといっているハモンド氏に対し数学者のイアン・マルカム博士だけは異議を申し立てます。生命の繁殖しようとする力は未知数で、いくらメスだけで管理している...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 51view
  • 2036文字
PICKUP

感想をもっと見る(21件)

ジュラシック・パークの登場キャラクター

アラン・グラント

よみがな:あらん・ぐらんと 年齢(作品時):30代後半 性別:男性 所属:アメリカ・モンタナ州の古生物学者 性格:子供・コンピューター嫌い ポリシー:ジェラシックパークを認めない 特徴:子供が苦手・コンピューターが狂う 価値観:自然の摂理に逆らえない 趣味:化石発掘・研究 癖:恐竜をからかった子供を怖がらす...

イアン・マルカム

よみがな:いあん・まるかむ ニックネーム:マルコム 性別:男 国籍:アメリカ 住まい:テキサス 性格:皮肉屋 特徴:黒いサングラス 物語上での目的:ジュラシックパークの危険性を訴える 専門:数学 結婚歴:バツイチ

ジュラシック・パークに関連するタグ

ジュラシック・パークが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ