フォレスト・ガンプ/一期一会のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,748件

フォレスト・ガンプ/一期一会

4.754.75
映像
4.23
脚本
4.88
キャスト
4.63
音楽
4.30
演出
4.63
感想数
4
観た人
18

フォレスト・ガンプ/一期一会のあらすじ・作品解説

フォレスト・ガンプ/一期一会は、1995年に公開されたアメリカ映画である。原作は、ウィンストン・グルームによる同名小説。監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ロジャー・ラビット」「永遠に美しく…」のロバート・ゼメキス。出演者は、トム・ハンクス、サリー・フィールド、ロビン・ライト、ゲイリー・シニーズ。 舞台は1950年代から80年代のアメリカである。主人公のフォレスト・ガンプはIQが人並みに届かないながらも、母ミセス・ガンプに愛情深く育てられて成長する。そんな純粋で無欲なフォレストが巻き起こす、波乱万丈な人生を描いたヒューマン・ストーリーである。 アカデミー賞にて、作品賞や監督賞などを受賞。また、フォレストを演じたトム・ハンクスが、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にて主演男優賞を受賞した。 全米公開と同時にガンプ現象として大反響を呼び、興行収入が3億円を突破した大ヒット作品である。

フォレスト・ガンプ/一期一会の評価

総合評価
4.754.75
(4件)
映像
4.234.23
脚本
4.884.88
キャスト
4.634.63
音楽
4.304.30
演出
4.634.63

評価分布をもっと見る

フォレスト・ガンプ/一期一会の感想

投稿する

ただ善く生きることの偉大さ

生きる力を高める映画この得難い作品についてひと言で表した時、心温まるとか心洗われる、みたいな言い方をきっとよくされるのだろうと思います。けれど、それではあまりにありきたりで不十分であって、私はこの作品は「生きる力を高める映画」なんだと思っています。折りに触れて見直すと、どのシーンから見たとしても、見た瞬間にぐっと何か引き上げられるような、生きる力が高まるような喜びの感覚があります。この作品の、なにか作品の存在自体が祝福されているような佇まいはどこから来るものなんだろうか。映画の中に描かれているようにもちろん、アメリカには光と影があって、色んな大きな出来事があったけれど、この映画の中にはかつてのアメリカがたしかに持っていた、ある種のシンプルでストレートな率直さ、それに伴う自然な風通しの良さと、ユーモアのある人々の良心が当たり前のように息づいています。そしてそれは、もう今では致命的に損なわ...この感想を読む

5.05.0
  • kafuluikafului
  • 140view
  • 2532文字
PICKUP

純粋に生きること

何十回見たことか・・・。トム・ハンクスは特段好きな俳優ではないが、作品に恵まれているのか?他にもトム・ハンクスの映画は色々と見ていて、僕的にはこの映画は「彼らしからぬ」作品のように感じる。妻は「彼らしい」作品だと言っていたが。どちらにしろ、少し足りないフォレスト・ガンプをトムは上手く演じている。記憶に残るセリフはフォレストの母役のサリー・フィールドが言う「人生はチョコレート箱のようなもの、開けてみるまで解らない」と言うセリフ。こう言う考え方が人生を楽しく前向きな方向へと導いてくれそうで、この映画を見るたびに、家族愛や夫婦愛が純粋なものである事を感じる。それとフォレストが言う「馬鹿を言うものが馬鹿だ」と言うセリフ。これもフォレストの馬鹿正直(ちょっと足りないと言う設定)さが、逆に普通の人間の俗世間に毒された一般常識を覆すセリフとして印象的だ!それともう一つ!サリーが死ぬ時の「死は生の一部...この感想を読む

5.05.0
  • true_eyestrue_eyes
  • 136view
  • 636文字

喜怒哀楽が楽しめる映画です。

一人の男性の人生を描いた映画でした。ヒューマン映画は大抵飽きてしまうのですが、疾走感があるにも関わらず重要な場面ではゆっくりとしたBGMが流れ、喜怒哀楽を楽しめる映画で最後まで観ることが出来ました。笑いがある場面だと思ったらそれが後のキーワードだったり、かっこいいと思っていた人が崩れていったりと、出てくる人物の一人一人の変化もともて見所がありました。特に主人公フォレストの人生のキーワードとなるダン中尉の変化は見入るものがあり、精神面はもちろん見た目が変わったときは鳥肌が立ちました。特殊メイクなのは分かるのですが、その他で映る人物もリアリティがあり思わず声が漏れるほどでした。またケネディ大統領やジョン・レノン等の有名人物たちの実際の映像を用いた演出は、合成感が無く故人であることを知らない世代が見たら、現代に生きている人だと間違えるのではと思うクオリティの高さでした。他にも日本語訳に関しても完...この感想を読む

4.54.5
  • mi8sami8sa
  • 58view
  • 526文字

感想をもっと見る(4件)

フォレスト・ガンプ/一期一会の登場キャラクター

フォレスト・ガンプ

国籍:アメリカ 住まい:アラバマ州グリーンボウ 性格:純真 特徴:人より知能指数は劣る 癖:走る

ジェニー・カラン

性別:女性 国籍:アメリカ 特徴:フォレストの前からよく去る 物語上での目的:主人公の恋の相手 トラウマ:父親が性的虐待を行っていた

ミセスガンプ

フォレスト・ガンプ/一期一会の名言

私をどうか鳥にしてください。そうすればうんと遠くへ飛んでいけます。

ジェニー・カラン

父との苦しい生活から逃げ出したい彼女が、フォレストに一緒に願ってと頼んで言った言葉。

その日、別に訳もなく、 僕は「走ろう」って決心した。

フォレスト・ガンプ

ジェニーがでていったあと、抜け殻になった主人公が、小さなころに言われた「走って」との言葉をなんとなく思い出して走った!

僕は頭は良くないけど、愛が何かは知ってるよ。

フォレスト・ガンプ

自閉症の主人公フォレスト・ガンプがジェニーに告白し「愛が何かも知らないくせに!」と言われた時に言った言葉。

名言をもっと見る(10件)

フォレスト・ガンプ/一期一会に関連するタグ

フォレスト・ガンプ/一期一会が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ