不法侵入のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

不法侵入

5.005.00
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
3.50
演出
5.00
感想数
1
観た人
0

不法侵入のあらすじ・作品解説

不法侵入は、1992年に公開されたアメリカ映画である。監督は、「告発の行方」「ラブ・フィールド 」のジョナサン・カプラン。出演者は、カート・ラッセル、レイ・リオッタ、マデリーン・ストウ。 マイケルとカレンは、ロサンゼルスの高級住宅地に住む幸せな夫婦である。ある日、家に強盗が入り、警察に通報するとピートという感じの良い警官がやって来る。防犯のアドバイスまでしてくれる親切なピートに安心するマイケルとカレンだったが、ピートは密かにカレンの美しさに心を奪われていた。 その後も、警官の仕事を通して家や職場に来たりと、執拗にカレンに近づいていくピート。マイケルはピートの異常性に気付き、妻を守るために他の警官などに相談するが、ピートに陥れられて逮捕されてしまうのだった。 一見、善良に見える警官が、警察の権限を使った異常な行動をエスカレートさせ、市民を追いつめていく恐怖を描いたサイコ・サスペンスである。

不法侵入の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
3.503.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

不法侵入の感想

投稿する

不法侵入に関連するタグ

不法侵入が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ