キャスト・アウェイのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

キャスト・アウェイのあらすじ・作品解説

ロバート・ゼメキスによる映画、キャスト・アウェイは無人島を舞台にしたサバイバル映画である。 本作品の主人公を演じたトム・ハンクスは無人島で過ごすという役柄の為に22キロもの減量にて挑み、相手のいない名演技により、第58回のゴールデングローブ賞にて主演男優賞を受賞している。 物語はトム・ハンクス演じるチャックが貨物機より墜落事故に巻き込まれたことから始まる。一命を取り留めたチャックだが、一人、南太平洋の無人島に流れついてしまった。何もない無人島で彼は生きるべく、サバイバルな生活が始まる。 助けを待ちながらも、無人島で生き抜く術を身につけていくチャック。徐々に野生化していく彼が人間としての理性を保てるのは共に墜落機から流れ着いた、バレーボールであった。彼はバレーボールに命を宿すべく、ウィルソンと名づけて共に戦う相棒として常に行動を共にしていた。普通の会社員が生き延びる為に変化していく姿をリアルに描いた作品である。

キャスト・アウェイの評価

総合評価
4.834.83
(3件)
映像
4.834.83
脚本
4.834.83
キャスト
5.005.00
音楽
4.674.67
演出
4.834.83

評価分布をもっと見る

キャスト・アウェイの感想

投稿する

サバイバルをリアルで感じることができる名作

冒頭から引き込まれるストーリー展開のうまさこの映画はフェデックスで働く、トム・ハンクス演じるチャックが飛行機事故で遭難してしまうところから始まる。フェデックスでの仕事はいかに早く荷物を目的地まで届けるかという事に従事し、一分一秒を惜しむ生活をしている。冒頭で彼がどれほど多忙なのかがよくわかる。恋人ケリーと出会う日を決めるのに、お互い手帳を見ながら予定をすり合わせないといけないところや、大晦日に会う約束をする時間さえも惜しむあたりとか、バタバタとした感じが良く表れていて、こちらも意味もなく落ち着かなくなってしまうくらいだった。トム・ハンクスの演技はそういう多忙な感じを十分に出しながらもビジネスマンという感じでなく、どこかコミカルで優しげでこの役にぴったりだったと思う。映画が始まってすぐくらいからチャックがロシアの作業員たちを教育している場面がある。早口でずっとしゃべり続けるところが面白く...この感想を読む

5.05.0
  • miyayokomiyayoko
  • 81view
  • 3217文字
PICKUP

キャスト・アウェイに関連するタグ

キャスト・アウェイが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ