十津川警部の休日のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

十津川警部の休日

4.504.50
文章力
5.00
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

十津川警部の休日の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

十津川警部の休日の感想

投稿する

休日でもやはり事件に巻き込まれる?十津川警部の関係者の辛い運命

刑事は実際どのくらい休めるのだろうか?徳間文庫の「十津川警部の休日」は、休日がらみの4つの短編で構成されている。必ずしも十津川警部の休日の話だけではなく、純粋に十津川の休みの日の話は「友の消えた熱海温泉」「河津七滝に消えた女」の二編で、「神話の国の殺人」は十津川の友人の休日、「信濃の死」は、亀さんの休日の話だ。この作品のタイトルを見た時、刑事という職業は実際どのくらい休みを貰えているのか非常に気になった。刑事もののドラマや一連の十津川シリーズを見ていると、どう考えても週休二日が完全に守られているとは思えない。有休なども権利としては存在していると思うが、実際消化できているのか疑問である。そんな中、ある質問サイトに刑事はどのくらい普段休みがとれるのかという質問が投稿されていて、それに刑事の妻と名乗る方が回答されているのを見かけた。大方予想通りで、休みがないわけではないが、担当する事件によって...この感想を読む

4.54.5
  • tamamatamama
  • 11view
  • 2143文字
PICKUP

十津川警部の休日に関連するタグ

十津川警部の休日を読んだ人はこんな小説も読んでいます

十津川警部の休日が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ