江戸川乱歩賞全集のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

江戸川乱歩賞全集の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

江戸川乱歩賞全集の感想

投稿する

近現代史上で実際に起きた事件を背景に、謎解きや冒険小説のプロットを展開した「五十万年の死角」

伴野朗の第22回江戸川乱歩賞受賞作の歴史ミステリ「五十万年の死角」が、すこぶる面白い。昭和16年12月8日午前6時、日本の海軍航空部隊が、真珠湾を攻撃。太平洋戦争の幕が切って落とされた、ちょうどその頃、日本軍が北京の医科大学を急襲する。北京原人の化石を接収しようとしたが、保存されているはずの金庫から、化石は跡形もなく消えていた。同じ頃、天安門広場で一人の日本人の射殺死体が発見された。そして、被害者の側には、北京原人の頭蓋骨のレプリカが転がっていた。日本軍特務機関、中国共産党組織、国民党秘密結社などが暗躍する中、徒手空拳で調査を進める軍属通訳の主人公の活躍を描いたこの小説は、江戸川乱歩賞を受賞した冒険小説の先駆的な作品だが、冒険小説的プロットがミスディレクションになっている、プロット型本格ミステリとしても、十二分に楽しめる。天安門広場で殺されていた人物の背景を調べると、意外な人間関係が明らかとな...この感想を読む

4.04.0
  • 驟雨驟雨
  • 3view
  • 598文字

江戸川乱歩賞全集に関連するタグ

江戸川乱歩賞全集を読んだ人はこんな小説も読んでいます

江戸川乱歩賞全集が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ