新選組副長である土方歳三に、組織のオルガナイザーの役割を与え、武士道の美意識という衣を着せることで、本物の"男の生き様"を描いた「燃えよ剣」 - 燃えよ剣の感想

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,358件

燃えよ剣

4.704.70
文章力
4.88
ストーリー
4.75
キャラクター
4.75
設定
4.75
演出
4.63
感想数
5
読んだ人
8

新選組副長である土方歳三に、組織のオルガナイザーの役割を与え、武士道の美意識という衣を着せることで、本物の"男の生き様"を描いた「燃えよ剣」

5.05.0
文章力
5.0
ストーリー
5.0
キャラクター
5.0
設定
5.0
演出
5.0

司馬遼太郎の「燃えよ剣」、上・下巻あわせてのレビューです。

かつて新選組と言えば、鞍馬天狗の敵役。
近藤勇は、芝居や講談で有名な「今宵の虎徹は血に飢えている」という名文句の豪傑然としたイメージの人物だ。

沖田総司は、結核を病む薄幸の美剣士。
そして、最も損な役回りだったのが、策謀をめぐらす冷酷非情な軍師・土方歳三であったと思う。

その土方が、今日、一躍理想の男性像として受け止められるようになったのは、ひとえに司馬遼太郎の「燃えよ剣」のおかげではないかと思う。

この作品で土方は、武州多摩の田舎剣客から身を起こし、風雲急を告げる京洛の巷に、甲州勝沼に、あるいは北の果て函館に、落日の徳川家に殉じ、果敢に散っていった男として、実に魅力的に描かれていると思う。

そして、同時に彼が取らざるを得なかった"非情な行動"は、頑なまでに徳川家への、いや滅びゆくものへの節義を守るため、自らに"鉄の掟"を課した男のロマンとして組み替えられていったのだと思う。

特に、土方が病中の沖田総司のもとを訪れ、愛刀の和泉守兼定を抜き放ち、------目的は単純であるべきである。思想は単純であるべきである。
新選組は節義にのみ生きるべきである------というくだりは、土方という男を支える核の部分をよく表現していると思う。

この後、土方は「新選組はこの先、どうなるのでしょう」という沖田の言葉に対し、------どうなる、とは漢の思案ではない。婦女子のいうことだ。おとことは、どうする、ということ以外に思案はないぞ------と言い、新選組の最後の一人になるとも戦うことを誓い、「男の一生というものは、美しさを作るためのものだ、自分の。そう信じている」とも言うのだ。

司馬遼太郎がこの作品で最も言いたかった土方の核の部分を、簡潔に見事に集約したセリフになっていると思う。

そして、土方は、和泉守兼定を抜くシーンで「刀は美人よりもうつくしい」と言っているのだが、この作品では後半、彼と恋人である女流画家お雪との狂おしいまでの交情が描かれており、そのくだりでは、一種、上質な恋愛小説を読んでいるような気にさせられる。
そして、物語のラストを締めくくるのも、このお雪のイメージなのです。

「男の典型を一つずつ描いていきたい、自分はそういう理由で小説家になったような気がする」という日本を代表する国民的作家・司馬遼太郎の感慨は、必ずや私を含む多くの読者の感慨となって、この幕末の風雲児を新たなイメージによって屹立させずにはおかないだろうと思う。

今回、この司馬遼太郎の「燃えよ剣」を再読してみて、あらためて考察してみたいと思います。

歴史学的に言えば、新選組は幕末という時代に存在した、ただの"テロリスト集団"にすぎないという解釈も出来ます。

だが、司馬さんはその副長である土方歳三に、組織のオルガナイザーの役割を与え、武士道の美意識という衣を着せることで、本物の"男の生き様"を描いたのだと思います。

私は初めてこの「燃えよ剣」を読んだ時、武州の在の泥臭い若者が、洗練されたオルガナイザーに変身していく過程を描いたものだと思っていましたが、再読するうちに、司馬さんの描いた土方歳三は、そんなヤワな人間ではなく、これは土方歳三という男の35年の生涯の軌跡を、司馬さん流に再現した作品なのだと思うようになりました。

土方という人間は変わらない。ひたすら己の仕事のために明け暮れる人間なのだと。
そして、土方には、イデオロギーも不要だった。
司馬さんは、尊王攘夷はもとより、佐幕にもそれほどの関心を示さなかった土方という男を描くことで、最も近代的な"テクノクラート"を創造したのではないかと思っています。

それまでの新選組と言えば、局長の近藤勇だけが目立ち、土方は単なる冷酷無比な非情な軍師の役でしかなかったものを、司馬さんのこの作品によって、土方の評価が一変し、新選組と言えば土方歳三となり、与えられた運命の中で、打算的な利害や損得を超越し、人はどう生きれば美しいか、それのみを求めた"漢たちの集団"に変貌させたのだと思います。

それゆえに、土方は田舎剣客から身を起こした、にわか武士でありながら、いや、にわか武士であったればこそ、新選組の旗頭に武士道の神髄である「誠」の印を掲げ、本物の武士以上に、武士道の"美意識"に殉じたサムライとして描かれているのだと思います。

そして、司馬さんの筆は、この土方歳三という男を最後の最後まで、己の描いた美学の中で死を賭けて戦い、それを貫いた男として描いているのだと思います。

土方は近藤と別れた後、会津若松で戦い、仙台で幕府の艦隊を率いる榎本武揚らと合流し、戊辰の役の最後の戦いとなった函館五稜郭の場面へと移ります。
この最後の函館五稜郭の場面は、この作品の白眉とも言える名場面で、土方は死の間際まで、己の筋を通して、新選組副長として死んでいくのです--------。

「名は何と申される」長州部隊の士官は、あるいは薩摩の新任将校でもあるのかと思ったのである。
「名か」歳三はちょっと考えた。しかし、函館政府の陸軍奉行、とはどういうわけか名乗りたくはなかった。
「新選組副長土方歳三」といったとき、官軍は白昼に竜が蛇行するのを見たほどに仰天した。

武士に憧れ、事実、ある意味、日本最後の武士として、武士らしくその生涯を全うした土方歳三に、司馬さんは惜しみない哀悼の意を込めて、「新選組副長土方歳三」と名乗らせたのだと思います。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

土方歳三と武士

新選組副長土方歳三の一生と新選組を綴った物語です。戦国時代の武士VS武士の覇権争いとは違い、江戸幕府末期に起こった争いの構図は武士VS庶民や下級武士という面もあると思います。今までは決して逆らうことのできなかった上級武士達に対しての不満が爆発し、士農工商という絶対的だった身分制度を覆してやろうと立ち上がった人達も多かったのではないでしょうか。そんな中、新選組の中心的存在である土方歳三や近藤勇は農民という身分で武士階級に叛旗を翻していくのではなく、あくまでもあこがれである武士になろうと励んでいく姿が切なくもあり面白くも感じました。土方歳三は新選組において隊士の細かな心情やちょっとした心の移り変わりなどを鋭く読み取る鬼副長として描かれているにもかかわらず、倒れ行く江戸幕府や終焉を迎えるであろう武士の世といった大きな時代の変化には目を向けることなく、一心に武士になろうとする姿勢が無邪気にも感...この感想を読む

4.04.0
  • kokohanakokohana
  • 242view
  • 591文字

燃えよ剣

司馬遼太郎の「燃えよ剣」は、北海道出身の子母澤寛の「新撰組始末記」がベースとなって書かれているといいます。隊長の近藤勇同様、多摩時代から新選組結成を経て各地での戊辰戦争、隊長の近藤は途中で戦死するが、土方は蝦夷地での箱館戦争で戦死するまでの生涯を描がいています。新選組時代の土方は鬼の副長として恐れられていたが、次第に角が取れて丸くなり、箱館戦争においては仏の隊長として尊敬されているのです。北海道・函館の五稜郭は観光名所として大勢の観光客が訪れているが、戊辰戦争の最後の戦いの地としては、余り知られてはいないようです。江戸から明治に改元する1868年、京の“鳥羽伏見の戦い”に始った戊辰戦争は、明治期になっての1869年の箱館戦争でもって最終的に終了するのです。土方は、官軍が函館の総攻撃を開始する頃、敗色が濃くなっても新選組や前線兵士を救うため、わずか人数を従え騎馬で出陣している。元より死を覚悟して...この感想を読む

4.54.5
  • orimasaorimasa
  • 167view
  • 454文字

感想をもっと見る(5件)

関連するタグ

燃えよ剣を読んだ人はこんな小説も読んでいます

燃えよ剣が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ