永遠の0のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

永遠の0

4.674.67
文章力
4.67
ストーリー
4.67
キャラクター
4.58
設定
4.67
演出
4.50
感想数
6
読んだ人
38

永遠の0のあらすじ・作品解説

永遠の0は2006年8月に太田出版より発行された百田尚樹の小説作品である。放送作家として活躍していた著者のデビュー作でもある本作は、その後2009年に講談社文庫から文庫化されたことを機に徐々に話題となり、2013年には文庫版の販売部数が300万部を突破する大ベストセラー作品となっている。 2013年12月には映画が公開され、観客動員数700万人、興行収入86億円、歴代の邦画実写映画で6位にランクインするなどこちらも大ヒットを記録し、2014年に開催されたイタリアの映画祭ではグランプリを受賞するなど海外からの評価も高い映画作品である。 弁護士を目指していたが気力を失い、怠けた生活を送っていた26歳の健太郎が、フリーライターをしている姉、慶子に頼まれ実の祖父がどんな人で、どのような人生を過ごしてきたのか調査するうちに、戦争の悲惨さや無情さ、もたらしてきたことを知り、それが健太郎にどう影響していくのかがストーリーの要となっている。

永遠の0の評価

総合評価
4.674.67
(6件)
文章力
4.674.67
ストーリー
4.674.67
キャラクター
4.584.58
設定
4.674.67
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

永遠の0の感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

永遠の0の登場キャラクター

佐伯健太郎

よみがな:さえきけんたろう 年齢(作品時):26歳 性別:男 国籍:日本 住まい:日本 所属:フリーター 性格:興味があることには積極的になれる 特徴:定職につかないでふらふらしていた 価値観:祖父の戦争の話をしろうとしている 物語上での目的:戦争の話をまとめ

宮部久蔵

米空母艦長

キャラをもっと見る(4件)

永遠の0の名言

どんなに苦しくても生き延びる努力をしろ

宮部久蔵

自分の乗る飛行機が被弾したら自爆させて欲しいと言う部下に対して言った言葉

命は一つしかない

宮部久蔵

自分の乗る飛行機が被弾したら自爆させて欲しいと言う部下に対して言った言葉

日本は戦後、素晴らしい復興を遂げました。 でもね佐伯さん、それは、生きること、働くこと、そして家族を養うことの喜びに溢れた男たちがいたからこそやと思いますよ。

永井清孝

主人公から零戦パイロットだった祖父についてインタビューを受けて。

名言をもっと見る(4件)

永遠の0に関連するタグ

永遠の0が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ