ぼんくらのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ぼんくら

4.504.50
文章力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

ぼんくらのあらすじ・作品解説

「ぼんくら」は宮部みゆき作の長編時代ミステリー小説である。 小説現代で1996年3月号より18回の連載を経て2000年講談社から単行本として刊行された。 江戸の深川にある鉄瓶長屋で起こった殺人事件と差配人の失踪をきっかけに櫛の歯が抜けるように長屋から人が出ていく。住人が減ることに悩む新しい差配人の佐吉を励ます同心・井筒平四郎と甥で美少年の弓之助。佐吉や煮売り屋のお徳、岡っ引きの政五郎とおでこなど個性豊かな面々とのかかわりの中で鉄瓶長屋を空っぽにするために密かな企みが進行していることに気付いた平四郎と弓之助は長屋の持ち主である湊屋総右衛門を調べ始める。 2005年にABCラジオで12回のラジオドラマとして制作・放送された。また2014年10月からNHK木曜時代劇で10回の連続ドラマとして岸谷五朗主演で放送された。 井筒平四郎と弓之助を主人公とした続編が2004年に「日暮し」2011年に「おまえさん」がいずれも講談社から刊行されている。

ぼんくらの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ぼんくらの感想

投稿する

ぼんくらに関連するタグ

ぼんくらを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ぼんくらが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ